時代を運んで飛んだかもめ
CHICK COREA

corea01

RETURN TO FOREVER
polydor -1972-

CONTENTS
A:Return to Forever,Crystal Silence,What Game Shall We Play Today,
B:Sometime Ago-La Fiesta

Chick Corea,Joe Farrell,Flora Prim,
Stan Clarke,Airto Moreira,


’70年代を象徴する、良くも悪くも話題作だったアルバムで、 「クロスオーバー」と言われたニューミュージック・ジャンルの典型とされたレコードだった。
当時、硬派を気取っていた感覚からすると「軟弱」なジャズもどきの代表といった感じで、 これを好きだと言うと何だかミーハーのようで、気恥ずかしい感じだったが、 実はたいへんよくできたアルバムで、やはり今にして思えば名盤だったのだろう。

最近、車のコマーシャルで使われていて懐かしいのでCDを買ってしまったが、決してうまいとは言えないフローラ・プリムの歌を知らず知らず口ずさんでいたりする。
スパニッシュやラテンのリズムや旋律を多用した点でエスニック・フュージョンとでもいえるのかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です