ふーんじゃらあむ

 

Phoonjalarm       (京都)

 

Phoonjalarm

Phoonjalarm

Phoonjalarm

Phoonjalarm



これは、頂き物のマッチで全く知らないお店ですが、調べてみると1975年5月開店の店で、京都市左京区北白川伊織町バス停前となっています。

50-60年代のジャズがメインだったようです。

「Phoonjalarm」と書いて「ふーんじゃらあむ」と読むことは判っていますが、その意味は分かりません。

それ以上の情報は不明。

 

alignleft

alignleft

<Mさんにご寄贈いただいた画像です>

ふーんじゃらあむ」への2件のフィードバック

  1. 京大農学部近くの管球アンプを鳴らす店。
    客は京大学生で深夜まで賑わっていた。
    「カエルさん」というメガネの気のいいオーナーだった。50年代60年代のモダンジャズ中心だが、たまに
    ビッグバンドもかかっていた。
    学生時代、バンドの練習終わりに仲間と毎日のように
    行っていた。いい店だったな。

    • 情報有難うございます。
      京大生の客層が多かったのですね。昔は学生の溜まり場として賑わっていたんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA