野山の草花

ヒメスミレ

ヒメスミレ (スミレ科)【姫菫】 (Viola inconspicua subsp. nagasakiensis) とても小さくて単独で生えるので目立たない。 この株は駐車場の舗装の隙間から生えていたが、そのような人里...
2019.04.23
野山の草花

シロヤブケマン

シロヤブケマン (ケシ科) (Corydalis incisa f. pallescens) 「ムラサキケマン」の一品種で、花が白く一部が淡く紫のもの。 一部の紫もなくすべて白色のものは特に「ユキヤブケマン」と称される。 ...
2016.07.03
野山の草花

ジロボウエンゴサク

ジロボウエンゴサク(ケシ科キケマン属)【次郎坊延胡索】 (Corydalis decumbens) ムラサキケマンに似た同類の花ですが、こちらは個々の花が大きめで直線的で、ばらばらとまばらに咲く感じです。 ケマンとの違いは、葉...
2019.04.06
野山の草花

ノジスミレ

ノジスミレ (スミレ科)【野路菫】 (Viola yedoensis) 人里のすみれの中でもポピュラーなもので、田畑や土手などに生える無茎型のスミレ。 「スミレ」によく似ていますが、葉がもっと剣型で平たく生えます。...
2019.04.05
野山の草花

アリアケスミレ

アリアケスミレ(スミレ科スミレ属)【有明菫】 (Viola betonicifolia var. albescens) いわゆる「スミレ」に似た、無茎種のスミレで、花が白~うす紫です。 白地に紫条がくっきりと入るパター...
2019.05.07
野山の草花

ツボスミレ(ニョイスミレ)

ツボスミレ (ニョイスミレ) (スミレ科スミレ属)【坪菫】【如意菫】 (Viola verecunda) 田んぼまわりや雑木林縁などの人里に多く、ポピュラーな小柄なスミレ。 小さな白い花に紫の筋が入り、なかなか...
2019.05.26
野山の草花

キバナアキギリ

キバナアキギリ (シソ科アキギリ属)【黄花秋桐】 (Salvia nipponica) 学名「Salvia nipponica」で、まさにその名も「日本のサルビア」です。 シソ科の典型的なワニグチのようなかたち...
2019.10.06
野山の草花

キバナノツキヌキホトトギス

キバナノツキヌキホトトギス(ユリ科) (Tricyrtis perfoliata) 深大寺の調布市野草園に、山野草の鉢植えがいくつか並べてありました。 その中に黄色い花の吊り下がりのホトトギスが。 「タマガワホトトギス」...
2019.10.30
野山の草花

キツネノマゴ

キツネノマゴ (キツネノマゴ科キツネノマゴ属)【狐の孫】 (Justicia procumbens) 何処にでもある雑草ではありますが、街中というより自然の豊かなところに多い、よく見ると可憐な花です。 あまりに小さいので個々の...
2019.11.10
9月

クコ

クコ (ナス科)【枸杞】 (学名:Lycium chinense) クコ(枸杞)の花。 控えめな色彩で渋いですね。 中国原産で、実は中華デザートなどでおなじみ。 木は長い枝がよく茂り繁殖力も強いようで、外来帰化植物...
2016.09.28
野山の草花

ヌメリササタケ?

ヌメリササタケ?(フウセンタケ科) 当たっていれば食用 標高約2000mの針葉樹林内。
2016.07.04
野山の草花

ニシキタケ

ニシキタケ(ベニタケ科) シラビソなどの苔むした針葉樹林の林床。 北沢峠 標高約2000m ニシキタケで合っていれば食用。
2016.07.04
野山の草花

ウスタケ

ウスタケ(ラッパタケ科) ひと目見たら忘れない特徴的なキノコ。 針葉樹林の中の平地に生えていました。 軽い毒性あり。 (北沢峠 標高約2000m)
2016.07.04

ホタルガ

ホタルガ (マダラガ科)【蛍蛾】 (学名:Pidorus glaucopis) 昼間飛び回る蛾で、なかなかお洒落な出で立ちです。 黒ベースに赤い頭で、ホタルに似ているので「蛍蛾」という名前ですが、実際にホタルへの擬態であるとい...
2016.07.03
野山の草花

クサギ

クサギ (シソ科クサギ属)【臭木】 (Clerodendrum trichotomum) 葉をちぎって揉むと独特の臭さがあるという名称ですが、「テイカカズラ」にもちょっと似た、厚手の花が特徴的で、花はすばらしい芳香を放ちます。 ...
2018.10.13
野山の草花

ヤブマメ

ヤブマメ (マメ科ヤブマメ属)【藪豆】 (Amphicarpaea edgeworthii) その名の通りヤブの中につるを伸ばし、ところどころに花をつけています。 地味な存在ながら、他のハギ類などと全く違う青紫の色調は...
2019.10.06

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ (タテハチョウ科)【姫裏波蛇目】 (Ypthima argus) 里山の水田まわりや、河原などにポピュラーな蝶。 地味ながら、羽裏の波模様が細かく綺麗です。 野菊にさかんにやってきています。 ...
2019.07.08
野山の草花

ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【山路の杜鵑草】 (Tricyrtis affinis) カラー配置の点と造形の点で、一番整って綺麗なホトトギス類と個人的には思っている種類。 花びらは白色ベースで水平に開き、...
2016.09.22
野山の草花

ホトトギス

ホトトギス (ユリ科ホトトギス属) (Tricyrtis hirta) ホトトギス属を代表する、標準名の「ホトトギス」で、鳥の「ホトトギス」の斑点柄に似ているというところからの命名だそうです。 普通は白地の花びらにも花...
2019.09.30
野山の草花

タマガワホトトギス

タマガワホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【玉川杜鵑草】 (Tricyrtis latifolia Maxim. ) 黄花のホトトギスで、普通のホトトギスより早い時期に咲きます。 また、ホトトギスの中ではわりあい北方系で冷涼な山中...
2018.08.16
野山の草花

ヤマホトトギス

ヤマホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【山杜鵑草】 (Tricyrtis macropoda Miq.) 「ヤマジノホトトギス」とそっくりですが、花弁が下に反り返るのが特徴です。 そのせいもあってか、花全体が細長い感じがし...
2018.09.15
野山の草花

タイワンホトトギス

タイワンホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【台湾杜鵑草】 (Tricyrtis formosana) 台湾原産で、これはもちろん、園芸用に植えられたものです。 日本国内でも西表島などには自生するそうです。 独特の青紫を帯びた色合...
2016.11.16
野山の草花

ウマノアシガタ(キンポウゲ)

ウマノアシガタ(キンポウゲ)(キンポウゲ科) (Ranunculus japonicus) 長い間、「キンポウゲ」という花がキンポウゲ類のスタンダードで、「ウマノアシガタ」はその脇役の一種かと思っていたら、実はほぼ反対で、「ウマノア...
2017.05.07
9月

ナガエコミカンソウ

ナガエコミカンソウ (APG:ミカンソウ科コミカンソウ属)(旧トウダイグサ科) 【長柄小蜜柑草】 別名:ブラジルコミカンソウ (学名 : Phyllanthus tenellus) 日本の「コミカンソウ」の仲間ですが、...
2019.10.20
野山の草花

アキノノゲシ

アキノノゲシ(キク科アキノノゲシ属)【秋の野芥子】 (学名: Lactuca indica) 秋の野菊的なものは晩夏から晩秋までいろいろありますが、この花は純白でもなく黄色でもなく、淡く目立たない淡黄色でいい感じです。 花も大きす...
2018.07.12
野山の草花

ヤマハギ

ヤマハギ (マメ科ハギ属)【山萩】 (Lespedeza bicolor) 全国の野山に普通にある植物ですが、しかし「ハギ類」は種類も多くどれも似たようなものばかりなので、野山での分類はなかなか難しいでしょう。 ヤマハギは...
2019.09.10
野山の草花

エビラフジ

エビラフジ(マメ科)【箙藤】 (Vicia venosa var. cuspidata) この手のクサフジ類も似たものがいろいろあって、判りづらいです。 後から写真だけで見極めるのは難しく、「オオバクサフジ」かもしれませんが、いか...
2016.07.03
9月

デュランタ・レペンス

デュランタ・レペンス (クマツヅラ科) ( Duranta repens ) (別名:ハリマツリ 針茉莉 / タイワンレンギョウ 台湾連翹) いつもよく通る神保町の裏道の一角に古いお店の前に植木の茂みがあるのですが、見慣れない綺麗...
2016.07.03
高山植物

イワベンケイ

イワベンケイ (ベンケイソウ科イワベンケイ属)【岩弁慶】 (Rhodiola rosea) 岩場の稜線などにもしっかりと生育する高山植物です。 北海道などでは海岸の岩場にもあるそうです。 セロトニンやドーパミンを調整する向精神薬...
2018.08.26
6月

キバナノアツモリソウ

キバナノアツモリソウ (ラン科アツモリソウ属) 【黄花敦盛草】 (Cypripedium yatabeanum) 以前、機会があってシンガーのみなみらんぼうさんと、その山仲間の皆さんの山行に連れていったもらったことがある。 ...
2019.06.10
アオイ科

ウキツリボク

ウキツリボク (アオイ科イチビ属)【浮釣木】 (Abutilon megapotamicum) 別名:チロリアンランプ、アブチロン 最近、あちこちで見るようになりましたが、最初見た時は変わったホオズキがあるなあ、と思ってました。 ...
2019.12.24
野山の草花

ミズヒキ

ミズヒキ (タデ科イヌタデ属)【水引】 (学名: Persicaria filiformis) これも、およそ何処にでもあるような植物ですが、その名前とともに和風な風情のある草です。 しかし、生え方によっては、ごちゃごちゃのヤ...
2019.07.28
野山の草花

ヤマトユキザサ

ヤマトユキザサ (キジカクシ科マイヅルソウ属)(旧ユリ科)【大和雪笹】 (Maianthemum viridiflorum) 林下にひっそりとした感じで咲きますが、薄緑色の細かい花はよく見ると星形で綺麗です。 同属の「ユキザサ...
2019.12.23
6月

マイヅルソウ

マイヅルソウ (APG:キジカクシ科マイヅルソウ属)(ユリ科)【舞鶴草】 (学名 Maianthemum dilatatum) 細かい白い花が可愛い、鈴蘭に近い植物です。 森林の湿った林下に群生します。 樹林の中の下草として...
2019.06.10
高山植物

ジョウエツキバナノコマノツメ

ジョウエツキバナノコマノツメ(スミレ科)【上越黄花の駒の爪】 (Viola biflora var. subpubescens) 「スミレ」という名がつかない唯一のスミレ「キバナノコマノツメ」(黄花の駒の爪)の変種で...
2018.07.21

アサギマダラ

アサギマダラ (タテハチョウ科)【浅葱斑】 (学名:Parantica sita) アサギマダラは「ヒヨドリバナ」の仲間が大好きで、常に蜜を求めてまわりを飛び回っています。 北沢峠手前の林道は道沿いにヒヨドリバナが...
2019.11.02
野山の草花

アラゲハンゴンソウ

アラゲハンゴンソウ(キク科) (Rudbeckia hirta var. pulcherrima) 北アメリカ原産の帰化植物。 ハンゴンソウの中の似たものもいくつかあるが、これは花の中心の筒状花が黒いのですぐ分かります。 特...
2016.07.03

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ (トウダイグサ科トウダイグサ属)【猩々草】 (学名: Euphorbia heterophylla) 所沢の郊外に、用事があって出かけましたが、茶畑の脇に、遠くからでもよく目立つ真っ赤な花が。 近くでよく見る...
2018.10.26
野山の草花

アカショウマ

アカショウマ (ユキノシタ科チダケサシ属)【赤升麻】 (Astilbe thunbergii) 同類のチダケサシ属に、「チダケサシ」、「トリアシショウマ」と、とてもよく似たものがあるので紛らわしいです。 また、バラ科の「ヤ...
2019.12.24
野山の草花

ミヤマタムラソウ

ミヤマタムラソウ (シソ科) (Salvia lutescens var. crenata) 「アキノタムラソウ」によく似ていますが、花が毛っぽく、2本の雄しべが花から長く突き出しています。 色もアキノタムラソウよりも白っぽ...
2016.07.08
タイトルとURLをコピーしました