山岳の草花

トダイアカバナ

トダイアカバナ (アカバナ科アカバナ属)【戸台赤花】 (Epilobium platystigmatosum) 名前の「トダイ」とは、発見された長野県の戸台川の名から。 戸台川は、南アルプスの甲斐駒ヶ岳、仙丈岳の間を源...
野山の草花

アブラガヤ

アブラガヤ (カヤツリグサ科アブラガヤ属)【油茅】 (Scirpus wichurae) 平地から亜高山まで、全国の湿地や水辺に幅広く分布する普通種で、わりあい大型のカヤツリグサです。 初期の花序は緑色で目立たず、熟し...
野山の草花

チカラシバ

チカラシバ (イネ科チカラシバ属)【力芝】 (Pennisetum alopecuroides) 秋口の公園や空き地、田園などで独特な存在感を示すイネ科の雑草です。 この時期、同時に「オヒシバ」や「メヒシバ」「...
2020.09.17
野山の草花

シソクサ

シソクサ (オオバコ科シソクサ属)(ゴマノハグサ科)【紫蘇草】 (Limnophila chinensis subsp. aromatica) 関東以西の水田や湿地に生える、いわゆる水田雑草です。 最初見たときに、一見...
2020.09.17
高山植物

タカネアオヤギソウ

タカネアオヤギソウ (シュロソウ科シュロソウ属)(ユリ科)【高嶺青柳草】 (Veratrum maackii var. longibracteatum) 「アオヤギソウ」の高山型で、亜高山や高山の乾いた草地や礫地に生え背...
山岳の草花

ミヤマタニソバ

ミヤマタニソバ (タデ科イヌタデ属)【深山谷蕎麦】 (Persicaria debilis) 本州以南のブナ林などの湿った林床や沢沿いなどにひっそりと生えている「ミゾソバ」などの仲間です。 三角形の葉は特徴的で目につきます...
野山の草花

エゾミソハギ

エゾミソハギ (ミソハギ科ミソハギ属)【蝦夷禊萩】 (Lythrum salicaria) 「エゾ」の名が付きますが、九州の一部以北の全国に分布し、よく似た「ミソハギ」と生息域がだぶります。 ミソハギとの区別は遠目には...
野山の草花

シロウマアサツキ

シロウマアサツキ (ヒガンバナ科ネギ属)【白馬浅葱】 (Allium schoenoprasum var. orientale) 野菜として使われる「アサツキ」の変種で、アサツキと同様の球形の花序をつけます。 花の雄し...

アザミゲシ

アザミゲシ (ケシ科アザミゲシ属)【薊芥子】 (Argemone mexicana) 別名:メキシカンポピー アザミに似た葉にケシのような花だからアザミゲシ(笑)。 メキシコ原産で、江戸時代に観賞用、薬草用に渡来したよ...
山岳の草花

ナメルギボウシ

ナメルギボウシ (キジカクシ科ギボウシ属)【滑偽宝珠】 (Hosta sieboldiana var. glabra) オオバギボウシ(トウギボウシ)の変種で、限定された地域(長野、新潟、富山の県境地域周辺、島根、隠岐島)に...
野山の草花

ヘクソカズラ

ヘクソカズラ (アカネ科ヘクソカズラ属)【屁糞葛】 (Paederia foetida) 別名:ヤイトバナ、サオトメカズラ 日本3大残念標準和名に入る名前で有名な、全国に広く普通に分布するつる草です。 (日本3大残念標...
野山の草花

ハイミミガタシダ

ハイミミガタシダ (シダ植物ヒメシダ科)【這耳形羊歯】 (Thelypteris aurita) 根茎が這い、葉の羽片がまばらにつくシダで、下側の小羽片が耳のように突出します。 渡り鳥か全翼飛行機の編隊のような、ユニー...
山岳の草花

オニアザミ

オニアザミ (キク科アザミ属)【鬼薊】 (Cirsium nipponense) 東北から中部地方にかけての日本海側に分布する山地性のアザミで、山地から亜高山の開けた草地に生え、大型の頭花が点頭して咲きます。 総苞片は...
高山植物

クモマグサ

クモマグサ (ユキノシタ科ユキノシタ属)【雲間草】 (Saxifraga merkii var. idsuroei) 北アルプスの白馬岳周辺と御嶽山の高山帯だけに分布する希少な高山植物。 日本固有種で、北海道には変種(母種...
野山の草花

ツルデンダ

ツルデンダ (シダ植物オシダ科イノデ属) (Polystichum craspedosorum) 全国の沢沿いなど湿った岩上に着生する常緑性の小型のシダです。 羽片の幅があまり変わらない葉を長く伸ばし岩壁などから垂れ下...
高山植物

オオコメツツジ

オオコメツツジ (ツツジ科ツツジ属)【大米躑躅】 (Rhododendron tschonoskii subsp. trinerve) 亜高山の湿ったところに生え、「コメツツジ」とよく似ています。 コメツツジよりも葉が...
野山の草花

スズメウリ

スズメウリ (ウリ科スズメウリ属)【雀瓜】 (Zehneria japonica) カラスとスズメは、植物の名前でよく対比的につけられます。 カラスの名が付くものは、だいたい役に立たない紛い物みたいな意味合いを持た...
高山植物

シコタンハコベ

シコタンハコベ (ナデシコ科ハコベ属)【色丹繁縷】 (Stellaria ruscifolia) 別名:ネムロハコベ 開花後新鮮な状態では雄しべの葯がオレンジ色で白い花弁との対比が美しい高山植物です。 色丹島で最初に発見さ...
野山の草花

オオヤマハコベ

オオヤマハコベ (ナデシコ科ハコベ属)【大山繁縷】 (Stellaria monosperma var. japonica) スリムで先の尖った葉が妙に整った形で対生に並ぶので何となく目を引きます。 全体が大きくなるわ...
野山の草花

ホシクサ

ホシクサ (ホシクサ科ホシクサ属)【星草】 (Eriocaulon cinereum) ホシクサの仲間は、日本に40種類ぐらいもあるそうですが、これは最も普通の元祖ホシクサ。 全国の水田に雑草として生える普通種ですが、...
2020.09.17
野山の草花

チョウジタデ

チョウジタデ (アカバナ科チョウジタデ属)【丁子蓼】 (Ludwigia epilobioides) 別名:タゴボウ 全国の水田や湿地に生え、黄色の小さな花を咲かせる水田雑草です。 チョウジタデ属といってもタデの仲間で...
高山植物

イワオウギ

イワオウギ (マメ科イワオウギ属)【岩黄蓍】 (Hedysarum vicioides subsp. japonicum var. japonicum) 別名:タテヤマオウギ 本州中部以北から北海道に分布し、亜高山から高...
10月

サンショウモ

サンショウモ (シダ植物サンショウモ科)【山椒藻】 (Salvinia natans) 自然環境のよい水田などに繁殖する浮草ですが、「ウキクサ」と違いシダ植物の仲間です。 茎に対して一見対生する葉が「サンショウ」のよう...
2020.10.03
野山の草花

アメリカアゼナ

アメリカアゼナ (アゼナ科アゼナ属)(ゴマノハグサ科)【亜米利加畦菜】 (Lindernia dubia subsp. major) 在来種の「アゼナ」によく似た北米原産の帰化植物。 葉に低い鋸歯があり、花の口から葯の...
2020.10.03
野山の草花

カラクサイヌワラビ

カラクサイヌワラビ (シダ植物メシダ科) (Athyrium clivicola) 全国の山林の林下で湿ったところに生える夏緑性の中型シダです。 小羽片の基部の耳垂が発達し、羽軸に重なる感じになるのが特徴です。 ...
高山植物

ユウバリソウ

ユウバリソウ (オオバコ科ウルップソウ属)(ゴマノハグサ科)【夕張草】 (Lagotis takedana) 北海道夕張岳の蛇紋岩崩壊地にだけ生育する固有種で、「ウルップソウ」が蛇紋岩地帯で特殊化したものと考えられています。...
2020.08.18
高山植物

ハゴロモグサ

ハゴロモグサ (バラ科ハゴロモグサ属)【羽衣草】 (Alchemilla japonica) ユキノシタみたいな丸い葉が特徴的な高山植物です。 つる状に伸びた先に咲く花は黄緑色であまり目立たず、花が落ちて萼片だけ残った...
野山の草花

トサノクロムヨウラン

トサノクロムヨウラン (ラン科ムヨウラン属)【土佐の黒無葉蘭】 (Lecanorchis nigricans var. patipetala) 「ムヨウラン」の仲間は、その名の通り葉をもたず土壌中の菌類から栄養を得て生きてい...
2020.08.24
山岳の草花

ミヤマママコナ

ミヤマママコナ (ハマウツボ科ママコナ属)(ゴマノハグサ科)【深山飯子菜】 (Melampyrum laxum var. nikkoense) 低地に咲く「ママコマ」の山岳型で、ママコナと同様の花ですが下唇の喉部分が黄色くな...
2020.08.29
高山植物

ハッポウタカネセンブリ

ハッポウタカネセンブリ (リンドウ科センブリ属)【八方高嶺千振】 (Swertia tetrapetala var. happoensis) 白馬岳周辺の八方尾根や遠見尾根などの蛇紋岩地帯にのみ生育する「タカネセンブリ」の変...
高山植物

ミヤマコゴメグサ

ミヤマコゴメグサ (ハマウツボ科コゴメグサ属)(ゴマノハグサ科)【深山小米草】 (Euphrasia insignis) コゴメグサの中では花がやや大きめで、北アルプスを中心に山形県から滋賀県にかけての日本海側に分布します。 ...
山岳の草花

シデシャジン

シデシャジン (キキョウ科シデシャジン属)【四手沙参】 (Asyneuma japonicum) 花弁が極端に細長く捻じれてもいるので、花序がごちゃごちゃして一見どのような形か判りにくい花です。 個々の花はカモメヅルを...
野山の草花

サジガンクビソウ

サジガンクビソウ (キク科ガンクビソウ属)【匙雁首草】 (Carpesium glossophyllum) 普通の「ガンクビソウ」に比べると、花が大きめで先が窄まらず白っぽく、総苞片が反り返っています。 花序まわりに葉...
タテハチョウ科

クロヒカゲ

クロヒカゲ (タテハチョウ科)【黒日陰】 (Lethe diana) 全国に普通に生息するジャノメチョウの仲間。 翅の表面側は黒褐色の無地で、とても地味な蝶です。 普通は日陰の林内にしかいないことが多いですが、この日...
山岳の草花

オオバツツジ

オオバツツジ (ツツジ科ツツジ属)【大葉躑躅】 (Rhododendron nipponicum) 中部から北陸地方(福井~秋田県の日本海側)の多雪地山岳に生える低木で、分布範囲はそれなりに広いが個体数が少ないとのことで見る...
野山の草花

サワヒヨドリ

サワヒヨドリ (キク科ヒヨドリバナ属)【沢鵯】 (Eupatorium lindleyanum var. lindleyanum) 似たものの多い「ヒヨドリバナ」の仲間で里山から亜高山までポピュラーに存在し、他のものに比...
2020.10.21
野山の草花

ホソバノヨツバムグラ

ホソバノヨツバムグラ (アカネ科ヤエムグラ属)【細葉の四葉葎】 (Galium trifidum subsp. columbianum) 全国の里山から亜高山まで分布し、湿地や湿原に生育します。 ヨツバムグラと言いなが...
山岳の草花

ヤマルリトラノオ

ヤマルリトラノオ (オオバコ科クワガタソウ属)(ゴマノハグサ科)【山瑠璃虎ノ尾】 (Veronica ovata subsp. miyabei var. japonica) 北海道と本州日本海側に多く分布し、亜高山帯の草...
タテハチョウ科

オオウラギンスジヒョウモン

オオウラギンスジヒョウモン (タテハチョウ科)【大裏銀筋豹紋】 (Argyronome ruslana)  一見したところ、3脈が目立ったので「ミドリヒョウモン」かと思いましたが。後で調べると斑紋のパターンが若干違いました。...
高山植物

ハッポウウスユキソウ

ハッポウウスユキソウ (キク科ウスユキソウ属)【八方薄雪草】 (Leontopodium japonicum form. happoense) 北アルプス・八方尾根周辺に固有といわれる、「ウスユキソウ」の高山性蛇紋岩品種です...
2020.08.09
タイトルとURLをコピーしました