山岳の草花

アオフタバラン

アオフタバラン (ラン科サカネラン属)【青双葉蘭】 (Neottia makinoana) 薄暗い杉林の林床にへばりつくように生える双葉。 多くあるフタバラン類の中で、暗い青緑色にぼやけた白筋が入るのが特徴...
山岳の草花

シテンクモキリ

シテンクモキリ (ラン科クモキリソウ属)【紫点蜘蛛切】 (Liparis purpureovittata) 「クモキリソウ」や「フガクスズムシソウ」などによく似ていますが、2008年に遺伝子解析により新種と証明された...
高山植物

テガタチドリ

テガタチドリ (ラン科テガタチドリ属)【手形千鳥】 (Gymnadenia conopsea) 亜高山~高山帯の日当たりのよい草地に、にょっきりと生え大型で目立つ蘭です。 やや似ている「ノビネチドリ」とは花期や咲く...
山岳の草花

フガクスズムシソウ

フガクスズムシソウ (ラン科クモキリソウ属)【富岳鈴虫草】 (Liparis fujisanensis) 原生林の中の苔むしたブナやカエデの古木の樹幹に生える着生性の小型ランです。 着生植物の常で、空中湿度の高...
野山の草花

コクラン

コクラン (ラン科クモキリソウ属)【黒蘭】 (Liparis nervosa) 同属の「クモキリソウ」によく似た蘭で、茨城以南の低山の日陰の林内に生育します。 花の造りもクモキリソウによく似ていますが、名前の通...
山岳の草花

ハコネラン

ハコネラン (ラン科コイチヨウラン属)【箱根蘭】 (Ephippianthus sawadanus) 最初に箱根で発見された日本固有種の繊細な蘭で、太平洋側のブナ帯の薄暗い林床に生えます。 長楕円形の葉が地面に一枚つき...
2021.07.13
山岳の草花

セイタカスズムシソウ

セイタカスズムシソウ (ラン科クモキリソウ属)【背高鈴虫草】 (Liparis makinoana) (Liparis lilifolia var. japonica) 唇弁が鈴虫の羽のような形のランで、「スズムシ...
2021.07.15
野山の草花

アオテンマ

アオテンマ (ラン科オニノヤガラ属)【青天麻】 (Gastrodia elata f. viridis) 別名:アオオニノヤガラ 針葉樹と広葉樹が混交した森の中に、にょっきりと立ついかにも異様な姿ですが、れっきとした蘭の...
2021.07.22
野山の草花

スズムシソウ

スズムシソウ (ラン科クモキリソウ属)【鈴虫草】 (Liparis makinoana) 「クモキリソウ」の仲間ですが、茶褐色半透明の薄い唇弁をもつ独特の形がスズムシの名の由来となったユニークな小型ランです。 花の咲い...
野山の草花

クゲヌマラン

クゲヌマラン (ラン科キンラン属)【鵠沼蘭】 (Cephalanthera longifolia) 「ギンラン」にたいへんよく似ていますが、花が閉じ気味で花の「距」が無いか、ごく僅かな膨らみとなっています。 普通のギン...
2021.04.17
野山の草花

クモキリソウ

クモキリソウ (ラン科クモキリソウ属)【雲切草】 (Liparis kumokiri) 黄緑色の虫か小人が乱れ飛んでいるような花序の、全国に分布するランです。 2枚の丸っこい葉の間から花茎が立ち上がり、整った姿となって...
2021.06.22

カヤラン

カヤラン (ラン科カヤラン属)【榧蘭】 (Thrixspermum japonicum) 大木の樹皮に着生する小型の着生蘭です。 一本の茎が下向きに伸び、厚い葉が並行してつきます。 この形状が榧の木の葉のよう...
2019.05.06
タイトルとURLをコピーしました