羽村市

野山の草花

フラサバソウ

フラサバソウ (オオバコ科クワガタソウ属) (学名:Veronica hederifolia) 別名:ツタバイヌノフグリ ヨーロッパ・アフリカを原産地とする帰化植物で、日本では明治初期に長崎県で初めて確認されたものの、その後...
2018.03.30
野山の草花

シハイスミレ

シハイスミレ (スミレ科 スミレ属)【紫背菫】 (学名:Viola violacea var. violacea) シハイスミレは「紫背菫」。 その名の通り、葉裏が紫色を帯びます。 西日本では非常に個体数が多...
2019.04.17
野山の草花

ニオイタチツボスミレ

ニオイタチツボスミレ (スミレ科スミレ属)【匂立坪菫】 ( Viola obtusa ) タチツボスミレは、個体数が圧倒的に多く、その分個体変異も多いので、「あれ?」と思うようなちょっと変わった雰囲気の個体に時々出くわし...
2020.03.22
野山の草花

ニリンソウ

ニリンソウ (キンポウゲ科イチリンソウ属) 【二輪草】 (学名:Anemone flaccida) 「スプリングエフェメラル」として春の野山の代表みたいな花ですね。 二輪づつ花がつくから二輪草ですが、実際にはひ...
2019.04.06
野山の草花

ヒメスミレ

ヒメスミレ (スミレ科)【姫菫】 (Viola inconspicua subsp. nagasakiensis) とても小さくて単独で生えるのであまり目立たない。 この株は駐車場の舗装の隙間から生えていたが、そのよう...
2020.04.06
野山の草花

タチツボスミレ

タチツボスミレ (スミレ科) 【立坪菫】 (学名:Viola grypoceras) 日本で一番普通に存在するスミレ。 いわゆる「スミレ」よりもはるかに多く、おそらく日本のスミレの個体数の半数以上を占めるの...
2019.03.31
タイトルとURLをコピーしました