野山の草花

野山の草花

オグルマ

オグルマ (キク科オグルマ属)【小車】 (Inula britannica subsp. japonica) 全国の田んぼ周りや湿地に生え、いかにもキクらしい端正な花を咲かせます。 本体は枝分かれが少なく、直立した上部...
野山の草花

アキノエノコログサ

アキノエノコログサ (イネ科エノコログサ属)【秋の狗尾草】 (Setaria faberi) 全国に普通に分布する「エノコログサ」の仲間で、エノコログサよりも大型で花穂も長く先端がしなだれます。 小穂の大きさも「キンエ...
2020.09.22
野山の草花

キンエノコロ

キンエノコロ (イネ科エノコログサ属)【金狗尾】 (Setaria pumila) 別名:キンエノコログサ、ナガボノキンエノコロ 「エノコログサ」の仲間のバリエーションのひとつで、総苞毛が黄色から黄褐色になるので、日光を浴び...
野山の草花

エノコログサ

エノコログサ (イネ科エノコログサ属)【狗尾草】 (Setaria viridis) いわゆる「猫じゃらし」です。 犬の尾っぽに似ているから「犬ころ草」となったそうですが、空き地で遊ぶ子供にとっては一番身近な雑草かもし...
2020.09.22
野山の草花

コツブキンエノコロ

コツブキンエノコロ (イネ科エノコログサ属)【小粒金狗尾】 (Setaria pallidefusca) 「エノコログサ(ネコジャラシ)」の毛が金色に輝く美しい種類ですが、一般に「キンエノコロ」より小型のものです。 し...
野山の草花

ヒデリコ

ヒデリコ (カヤツリグサ科テンツキ属)【日照り子】 (Fimbristylis littoralis) カヤツリグサの仲間の中でもちょっと異彩を放つ姿の小さな花穂。 散状花序が特徴のテンツキ類の中でも、小さく丸い小穂が...
野山の草花

ハイヌメリグサ

ハイヌメリグサ (イネ科ヌメリグサ属)【這い滑草】 (Sacciolepis spicata var. spicata) 湿地や田んぼに生えるイネ科の雑草。 茎が這ってから立ち上がり、葉を揉むとヌメリが出るのでこの名のよう...
2020.09.22
野山の草花

シマスズメノヒエ

シマスズメノヒエ (イネ科スズメノヒエ属)【島雀の稗】 (Paspalum dilatatum) 日本では関東以西に広く分布し、田んぼ周りや路傍などの湿った土地に生育する雑草として普通に見られる帰化植物です。 南アメリ...
野山の草花

イシカグマ

イシカグマ (シダ植物コバノイシカグマ科) (Microlepia strigosa) 千葉県南部以西の太平洋側から、四国、九州、沖縄、小笠原に分布する常緑性の羊歯です。 海岸に近い山林などに普通に見られる種類です。 ...
野山の草花

アブラガヤ

アブラガヤ (カヤツリグサ科アブラガヤ属)【油茅】 (Scirpus wichurae) 平地から亜高山まで、全国の湿地や水辺に幅広く分布する普通種で、わりあい大型のカヤツリグサです。 初期の花序は緑色で目立たず、熟し...
野山の草花

チカラシバ

チカラシバ (イネ科チカラシバ属)【力芝】 (Pennisetum alopecuroides) 秋口の公園や空き地、田園などで独特な存在感を示すイネ科の雑草です。 この時期、同時に「オヒシバ」や「メヒシバ」「...
2020.09.17
野山の草花

シソクサ

シソクサ (オオバコ科シソクサ属)(ゴマノハグサ科)【紫蘇草】 (Limnophila chinensis subsp. aromatica) 関東以西の水田や湿地に生える、いわゆる水田雑草です。 最初見たときに、一見...
2020.09.17
野山の草花

エゾミソハギ

エゾミソハギ (ミソハギ科ミソハギ属)【蝦夷禊萩】 (Lythrum salicaria) 「エゾ」の名が付きますが、九州の一部以北の全国に分布し、よく似た「ミソハギ」と生息域がだぶります。 ミソハギとの区別は遠目には...
野山の草花

シロウマアサツキ

シロウマアサツキ (ヒガンバナ科ネギ属)【白馬浅葱】 (Allium schoenoprasum var. orientale) 野菜として使われる「アサツキ」の変種で、アサツキと同様の球形の花序をつけます。 花の雄し...
野山の草花

ヘクソカズラ

ヘクソカズラ (アカネ科ヘクソカズラ属)【屁糞葛】 (Paederia foetida) 別名:ヤイトバナ、サオトメカズラ 日本3大残念標準和名に入る名前で有名な、全国に広く普通に分布するつる草です。 (日本3大残念標...
野山の草花

ハイミミガタシダ

ハイミミガタシダ (シダ植物ヒメシダ科)【這耳形羊歯】 (Thelypteris aurita) 根茎が這い、葉の羽片がまばらにつくシダで、下側の小羽片が耳のように突出します。 渡り鳥か全翼飛行機の編隊のような、ユニー...
野山の草花

ツルデンダ

ツルデンダ (シダ植物オシダ科イノデ属) (Polystichum craspedosorum) 全国の沢沿いなど湿った岩上に着生する常緑性の小型のシダです。 羽片の幅があまり変わらない葉を長く伸ばし岩壁などから垂れ下...
野山の草花

スズメウリ

スズメウリ (ウリ科スズメウリ属)【雀瓜】 (Zehneria japonica) カラスとスズメは、植物の名前でよく対比的につけられます。 カラスの名が付くものは、だいたい役に立たない紛い物みたいな意味合いを持た...
野山の草花

オオヤマハコベ

オオヤマハコベ (ナデシコ科ハコベ属)【大山繁縷】 (Stellaria monosperma var. japonica) スリムで先の尖った葉が妙に整った形で対生に並ぶので何となく目を引きます。 全体が大きくなるわ...
野山の草花

ホシクサ

ホシクサ (ホシクサ科ホシクサ属)【星草】 (Eriocaulon cinereum) ホシクサの仲間は、日本に40種類ぐらいもあるそうですが、これは最も普通の元祖ホシクサ。 全国の水田に雑草として生える普通種ですが、...
2020.09.17
野山の草花

チョウジタデ

チョウジタデ (アカバナ科チョウジタデ属)【丁子蓼】 (Ludwigia epilobioides) 別名:タゴボウ 全国の水田や湿地に生え、黄色の小さな花を咲かせる水田雑草です。 チョウジタデ属といってもタデの仲間で...
野山の草花

アメリカアゼナ

アメリカアゼナ (アゼナ科アゼナ属)(ゴマノハグサ科)【亜米利加畦菜】 (Lindernia dubia subsp. major) 在来種の「アゼナ」によく似た北米原産の帰化植物。 葉に低い鋸歯があり、花の口から葯の...
2020.08.26
野山の草花

カラクサイヌワラビ

カラクサイヌワラビ (シダ植物メシダ科) (Athyrium clivicola) 全国の山林の林下で湿ったところに生える夏緑性の中型シダです。 小羽片の基部の耳垂が発達し、羽軸に重なる感じになるのが特徴です。 ...
野山の草花

トサノクロムヨウラン

トサノクロムヨウラン (ラン科ムヨウラン属)【土佐の黒無葉蘭】 (Lecanorchis nigricans var. patipetala) 「ムヨウラン」の仲間は、その名の通り葉をもたず土壌中の菌類から栄養を得て生きてい...
2020.08.24
野山の草花

サジガンクビソウ

サジガンクビソウ (キク科ガンクビソウ属)【匙雁首草】 (Carpesium glossophyllum) 普通の「ガンクビソウ」に比べると、花が大きめで先が窄まらず白っぽく、総苞片が反り返っています。 花序まわりに葉...
野山の草花

サワヒヨドリ

サワヒヨドリ (キク科ヒヨドリバナ属)【沢鵯】 (Eupatorium lindleyanum var. lindleyanum) 似たものの多い「ヒヨドリバナ」の仲間で里山から亜高山までポピュラーに存在し、他のものに比...
2020.08.03
野山の草花

ホソバノヨツバムグラ

ホソバノヨツバムグラ (アカネ科ヤエムグラ属)【細葉の四葉葎】 (Galium trifidum subsp. columbianum) 全国の里山から亜高山まで分布し、湿地や湿原に生育します。 ヨツバムグラと言いなが...
野山の草花

ササユリ

ササユリ (ユリ科ユリ属)【笹百合】 (Lilium japonicum) 本州中部地方以西から四国九州に分布するユリで、学名「日本のユリ」の名の通り日本特産種です。 互生する葉が笹のようなのでササユリの名を持ちますが...
野山の草花

オオチドメ

オオチドメ (ウコギ科チドメグサ属)【大血止】 (Hydrocotyle ramiflora) 全国の野原や湿地に生える雑草です。 チドメグサの仲間の中でも、大型で葉の切れ込みが浅く丸型で無毛です。 葉腋から出る...
野山の草花

ウキクサ

ウキクサ (サトイモ科ウキクサ属)【浮草】 (Spirodela polyrhiza) 田んぼや沼の水面を覆うウキクサは、APG分類では何故かサトイモ科。 水面に浮かぶ丸い葉は、実は茎と葉が融合したような特殊な体制で葉...
野山の草花

キバナハタザオ

キバナハタザオ (アブラナ科キバナハタザオ属)【黄花旗竿】 (Sisymbrium luteum) その名の通り黄色い花のハタザオですが、独自のキバナハタザオ属となり、帰化植物の「カキネガラシ」と同属です。 花の終わっ...
野山の草花

ヨロイグサ

ヨロイグサ (セリ科シシウド属)【鎧草】 (Angelica dahurica) 別名:オオシシウド 「シシウド」に似た大型になる多年草で、西日本の林縁や河原などに分布します。 羽状の葉には鋸歯が目立ち、白い小さな5弁...
野山の草花

タシロラン

タシロラン (ラン科トラキチラン属)【田代蘭】 (Epipogium roseum) 別名:タカトリラン 照葉樹林の薄暗い林床に咲く腐生(菌従属栄養)植物です。 日光がささず、他の植物があまり生えない落ち葉の厚く積もっ...
2020.07.08
野山の草花

トウキ

トウキ (セリ科シシウド属)【当帰】 (Angelica acutiloba) 「シシウド」の仲間で「オオバセンキュウ」などに似ていますが、大きさは小さめで高さ50cm程度です。 中部以北の山地に分布し、昔から薬草や漢...
野山の草花

ドクゼリ

ドクゼリ (セリ科ドクゼリ属)【毒芹】 (Cicuta virosa) 「セリ」よりもはるかに大型になる草なのですが、春の新芽の時期にセリと間違えて中毒を起こす可能性のある毒草です。 その毒はシクトキシンというかなり強...
2020.08.03
野山の草花

カキラン

カキラン (ラン科カキラン属)【柿蘭】 (Epipactis thunbergii) 別名:スズラン 里山の日当たりの良い湿地や草地に咲く陽性の野生蘭です。 名前の由来である柿色の花を、別名の通り鈴なりに咲かせます。 ...
野山の草花

ギシギシ

ギシギシ (タデ科ギシギシ属)【羊蹄】 (Rumex japonicus) 全国の水田周りや野原や路傍に見られる在来種の雑草で、「スイバ」に似ていますがスイバのように赤くならず初夏には鮮やかな黄緑色の花序を高く立てます。 ...
野山の草花

ナガバギシギシ

ナガバギシギシ (タデ科ギシギシ属)【長葉羊蹄】 (Rumex crispus) ギシギシの仲間は在来種の「ギシギシ」以外に、似て非なる帰化種がいろいろあって判りづらい種類です。 そもそも、地味だしどうでもいいい雑草の...
野山の草花

クサナギオゴケ

クサナギオゴケ (キョウチクトウ科カモメヅル属)【草薙尾苔】 (Vincetoxicum katoi) 東海地方、近畿地方と四国の一部に分布し、山地の林内に生える「カモメヅル」の仲間です。 大きめの葉をつけた茎が直立し...
野山の草花

サンゴジュ

サンゴジュ (レンプクソウ科ガマズミ属)【珊瑚樹】 (Viburnum odoratissimum var. awabuki) 別名:アワブキ 関東以西から亜熱帯にまで分布する、ガマズミの仲間の樹木です。 丈夫で燃...
タイトルとURLをコピーしました