コバノタツナミソウ

コバノタツナミソウ (シソ科タツナミソウ属)【小葉立浪】
Scutellaria indica var. parvifolia

コバノタツナミソウ

2019/05/05 高尾山

普通の「タツナミソウ」よりも葉が小さく背も低い変種です。

主に低地や海岸性で、路傍などにも生える種類です。

丸い葉には細かい毛が密生してビロード状の表面になっています。

それで別名「ビロードタツナミ」ともいわれます。

花は通常はタツナミソウ標準の紫系ですが、かなりの比率で白花も多いようで、「シロバナコバノタツナミ」とされています。

園芸種としても人気があり、タツナミソウの名で山野草として販売・栽培される多くはこの種類のようです。

コバノタツナミソウ

2019/05/05 高尾山

コバノタツナミソウ

2018/04 都立薬用植物園

コバノタツナミソウ

2017/05 野川公園自然観察園

コバノタツナミソウ

2017/05 野川公園自然観察園

コバノタツナミソウ

2018/04 都立薬用植物園

タイトルとURLをコピーしました