「カモメギク」と「アワコガネギク」

カモメギク」は、「アワコガネギク(キクタニギク)」と遺伝子的には同一種であり、その違いは個体差の範囲が固定された品種レベルのようです。

よって、外形的な形態の違いによって区別するしかないわけです。

アワコガネギクの自生を見る機会があったので、カモメギクと較べてみました。


「カモメギク」と「アワコガネギク」

カモメギクのほうが、舌状花が細めのようです。

また、ニガナなどに似て花弁先端が3裂しています。

「カモメギク」と「アワコガネギク」

頭花の花序が、密にかたまっている感じです。

総苞の感じはあまり変わらないようです。

「カモメギク」と「アワコガネギク」

「カモメギク」と「アワコガネギク」

葉は切れ込みが深く、細身で先端が尖っています。

植物体全体の印象も、カモメギクのほうが繊細なイメージがあります。

やはり、野性味ある「アワコガネギク」が、江戸の園芸界で洗練されてお上品になったのが「カモメギク」なんですね。


タイトルとURLをコピーしました