シラネセンキュウ

シラネセンキュウ (セリ科シシウド属)【白根川笈】
Angelica polymorpha

シラネセンキュウ

2020/10/14 赤城自然園

低山の湿り気のある林の縁や沢沿いなどに生え、秋に細かい花を平たい花序につけます。

葉柄の鞘部が薄い色で袋状に膨らみ、茎が分岐のたびに折れ曲がりジグザグになるのが特徴です。

同様な茎の具合と湿地に生える「オオバセンキュウ」に似ていますが背が低めで、小葉の鋸歯が不規則に切れこみ重鋸歯になります。

このような中型のセリ科はたくさんあって同定が難しく、茎の具合や葉の形を見る必要があります。

シラネセンキュウ

2021/10/11 高尾山

シラネセンキュウ

2021/10/11 高尾山

シラネセンキュウ

2020/10/14 赤城自然園

シラネセンキュウ

2020/10/14 赤城自然園

シラネセンキュウ

2018/08 神代植物公園

タイトルとURLをコピーしました