サルオガセ

サルオガセ (地衣類サルオガセ科)
(サルオガセ属 Usnea)

写真の木ではなく、木の枝に吊り下がる白緑色のひげのようなやつです。

「霧藻」という、ロマンチックな日本名がありますが、実際霧の深い森に多く、霧の風景に似合います。

奥秩父の三峰山の奥には、「霧藻ヶ峰」という山名もあります。

地衣類は、藻類と菌類の共生体なので単純な種類分けは難しいですが、「サルオガセ」の中にも数十種あるようです。

細かい同定は素人にはほぼ無理なようです。

サルオガセ

2016/07 入笠山

 

サルオガセ

2016/07 入笠山

サルオガセ 2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

サルオガセ

2018/06 蓼科御泉水自然園(標高1,800m)

タイトルとURLをコピーしました