イワフネタチツボスミレ

イワフネタチツボスミレ (スミレ科スミレ属)【岩船立坪菫】
V. kusanoana × V. rostrata

イワフネタチツボスミレ

2022/04/21 長岡市

オオタチツボスミレ」と「ナガハシスミレ」の交雑種で、両者が混生する日本海側地域ではわりあい普通に見られるようです。

雑種の常で、両親の特徴を兼ね備えるものの典型例は定まらず、両者の形質を不安定にもっています。

この場合ではナガハシスミレのように長い距がオオタチツボスミレのように白く、ナガハシスミレのように花が地面から立ち上がる印象です。

また、葉がオオタチツボスミレのように丸く明るい色で葉脈がくぼみ柔らかい印象です

写真でよく見る典型例よりもオオタチツボスミレ寄りの感じです。

両親の個体変異も多いので厳密な雑種判定は花粉の状態を調べる必要があるかもしれません。

ちなみに、「岩船」というのは最初に発見された新潟県村上市岩船の地名に因んでいます。

タイトルとURLをコピーしました