アシタカジャコウソウ

アシタカジャコウソウ (シソ科ジャコウソウ属)【愛鷹麝香草】
Chelonopsis yagiharana) 別名:タカネジャコウソウ

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

種名の「アシタカ」は静岡県の愛鷹山で発見されたことによります。

普通の「ジャコウソウ」に較べ小型でひょろひょろしています。

花は茎の上部の葉腋に1個または2個つけ、ジャコウソウより紅紫色が濃いめな感じです。

茎、葉柄、葉、萼などに開出毛が多く茎が紫色を帯びます。

静岡県、山梨県を中心とした本州中部地方、それとなぜか四国の愛媛県に分布しブナ帯などの山地樹林内に生育します。


写真は植栽品ですが、特徴とされる萼片の毛が見えないので園芸改良品種または交雑種かもしれません。

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

アシタカジャコウソウ

2022/10/14 瑞穂耕心館

タイトルとURLをコピーしました