コウモリソウ

コウモリソウ (キク科コウモリソウ属)【蝙蝠草】
Parasenecio maximowiczianus

コウモリソウ

コウモリソウ(後ろに群生するのはカニコウモリ) 2015/08/18 北沢峠

葉の形から蝙蝠の名を冠した深山に生える野草で、「モミジガサ」などと同じ仲間です。

頭花は円錐花序または総状花序につき、小花は両性の筒状花のみとなります。

葉は三角状ほこ形で互生し、葉柄に翼はほとんど無く基部は半ば茎を抱く形となります。

本州の関東地方、中部地方、近畿地方の太平洋側に分布し、山地の林下に生育します。

同様なところに生える似た仲間に「カニコウモリ」「オクヤマコウモリ」などがあります。

タイトルとURLをコピーしました