ミツバフウロ

ミツバフウロ (フウロソウ科フウロソウ属)【三葉風露】
Geranium wilfordii

ミツバフウロ

2022/09/26 高尾山

全国の野山で数多く見られる「ゲンノショウコ」とそっくりで、花の拡大だけ見る分には全く見分け不可能な植物です。

ゲンノショウコと同じようなところに生育し、同じ時期に咲き、入り混じっていることも多いので、特に意識していなければ通りすがりでは判りません。

しかし、花を近くで良く見れば判ります。

ゲンノショウコでは萼片と花柄に腺毛があるのに対し、ミツバフウロでは萼片と花柄に腺毛がないからです。

腺毛に限らず多くの例ではゲンノショウコでは開出毛も多く、ミツバフウロでは細かい屈毛またはほぼ無毛です。

特に萼片の外側がはっきりしているので、この部分の毛の有り無しで識別できます(ミツバフウロの萼片にも脈上にごく細かい毛があります)。

また、ゲンノショウコでは葉が5裂、ミツバフウロでは3深裂という点もありますが、ゲンノショウコも基本3裂で下の方の大きな葉が5裂に移行する感じなので数を数えようとしても混乱します。

むしろ、両者の葉の形を覚えて直感的に見分けることができます。

ゲンノショウコでは葉全体として丸っこく横長な感じですが、ミツバフウロでは3裂の中裂が大きくやや縦長で鋸歯も尖った感じです。

高尾山では萼片の外面に開出毛があるタイプがあり、「タカオフウロ」と称されますが分類学的には特に分けないことが多いようです。

葉がさらに深く3全裂する小型の「コフウロ」というのもありますが、これは全体の雰囲気がかなり異なります。

ミツバフウロ

2022/09/26 高尾山

ミツバフウロ

2022/09/26 高尾山

ミツバフウロ

2022/09/26 高尾山

ミツバフウロ

2022/09/26 高尾山

ミツバフウロ

2022/09/26 高尾山

タイトルとURLをコピーしました