オゼヌマアザミ

オゼヌマアザミ (キク科アザミ属)【尾瀬沼薊】
Cirsium homolepis

オゼヌマアザミ

2022/08/21 尾瀬

「オゼヌマ」の名前の通り、尾瀬とその周辺山域の湿原だけに生育する特産種です。

湿原の中に直立し、やや薄い色の頭花が上向きに1-3個ほどつき、葉は細く深裂します。

花の総苞片が細長い針状で開出せず、直線的にぎっしり束なった形になっているのがたいへん特徴的です。

従来「タチアザミ」の変種という見方もあったようですが、染色体の倍数が異なることなどから独立種とされています。

環境省カテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
福島県:絶滅危惧種Ⅱ類(VU)
群馬県:準絶滅危惧(NT)

オゼヌマアザミ

2022/08/21 尾瀬

オゼヌマアザミ

2022/08/21 尾瀬

オゼヌマアザミ

2022/08/21 尾瀬

オゼヌマアザミ

2022/08/21 尾瀬

オゼヌマアザミ

2022/08/21 尾瀬

タイトルとURLをコピーしました