ミヤマワレモコウ

ミヤマワレモコウ (バラ科ワレモコウ属)【深山吾亦紅】
Sanguisorba longifolia

ミヤマワレモコウ

2022/08/21 尾瀬

ワレモコウ」とよく似ていますが別種で、山地帯~亜高山帯の湿原や草地に生育します。

普通のワレモコウよりもやや花序が長いことが多く暗い色味で、雄しべが萼片から突き出します。

ワレモコウと「ナガボノアカワレモコウ」の中間のような感じでもあります。

北海道日高地方と秋田県・福島県南西部~岐阜県北部に分布します。

福島県:準絶滅危惧種(NT)
秋田県:絶滅危惧種ⅠB類(EN)
岐阜県:準絶滅危惧
静岡県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
愛知県:絶滅危惧ⅠB類(EN)

ミヤマワレモコウ

2022/08/21 尾瀬

ミヤマワレモコウ

2022/08/21 尾瀬

ミヤマワレモコウ

2022/08/21 尾瀬

ミヤマワレモコウ

2022/08/21 尾瀬

タイトルとURLをコピーしました