ハクサンサイコ

ハクサンサイコ (セリ科ミシマサイコ属)【白山柴胡】
Bupleurum nipponicum) 別名:トウゴクサイコ

ハクサンサイコ

2022/07/25 至仏山

本州中北部に分布し、亜高山帯から高山帯の草地に生育します。

セリ科の一般的な花とは趣が異なり、ちょっとトウダイグサ系の雰囲気を感じさせます。

黄色い小さな5弁花がいくつか集合して花序を成し、その下にある5~6個の小総包片が萼片のように見えます。

花序の下の総苞片は先の尖った卵形で1-3個あります。

同属の「ミシマサイコ」と基本構造は同じなのですが、見た目がだいぶ違います。

ハクサンサイコ

2022/07/25 至仏山

ハクサンサイコ

2022/07/25 至仏山

タイトルとURLをコピーしました