アイズスゲ

アイズスゲ (カヤツリグサ科スゲ属)【会津菅】
Carex hondoensis

アイズスゲ

2022/06/13 上高地

うなだれた形の花序が特徴的なスゲです。

尖端に1-3個の雄小穂が出て、その下に数個の雌小穂がまばらに出ます。

雌小穂には細い柄があって垂れ下がります。

雌花鱗片からは柱頭が出て長く残ります。

北陸地方など本州中部の主に日本海側に分布し、山地の水際など湿った場所に生育します。

アイズスゲ

2022/06/13 上高地

タイトルとURLをコピーしました