チシマウスバスミレ

チシマウスバスミレ (スミレ科スミレ属)【千島薄葉菫】
Viola hultenii) 別名:ケウスバスミレ

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

ウスバスミレ」によく似た北方系の無茎スミレですが別種です。

日本では北海道東部に、また本州では中部地方以北の限られた地域の亜高山に隔離的に分布します。

同じ亜高山でもウスバスミレが針葉樹林下に生えるのに対し、チシマウスバスミレはミズゴケの湿原に生育します。

花はウスバスミレとほぼ同じですが柱頭の尖端が横に膨らみ、葉の鋸歯が重ならずにはっきり出て、葉の表面に微毛が密生します。

なかなか出会う機会のないスミレで、各地で絶滅危惧指定となっています。

環境省カテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
岩手県:絶滅危惧Ⅰ類
福島県:準絶滅危惧種(NT)
栃木県:準絶滅危惧
群馬県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
新潟県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
長野県:絶滅危惧ⅠA類(CR)

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

チシマウスバスミレ

2022/06/20 尾瀬

タイトルとURLをコピーしました