ホソバクリハラン

ホソバクリハラン (ウラボシ科ノキシノブ属)【細葉栗葉蘭】
Lepisorus boninensis

ホソバクリハラン

2022/03/11 小石川植物園

小笠原諸島の固有種で、父島や母島の湿った岩上や樹幹に生える常緑の着生シダです。

普通の「クリハラン」とは別属のノキシノブ属で「ヒメノキシノブ」に近縁とのことですが、遥かに大きく葉が薄く波打ってイメージが随分違います。

また、同属で小笠原固有種の「ムニンサジラン」とよく似ていますが、幅が広く独特の葉脈がくっきり出るのが特徴的です。

栄養葉は幅広めで、胞子葉は細長く伸び、ソーラスは丸く大きなものが一列に並びます。

環境省カテゴリ:準絶滅危惧(NT)

ホソバクリハラン

2022/03/11 小石川植物園

ホソバクリハラン

2022/03/11 小石川植物園

タイトルとURLをコピーしました