モミジバスズカケ

モミジバスズカケ (スズカケノキ科スズカケノキ属)【紅葉葉鈴懸】
Platanus × hispanica

モミジバスズカケ

2021/06/24 昭和記念公園

街路樹として広く見られる、いわゆる「プラタナス」です。

全て外来種であるプラタナスには「スズカケノキ」「アメリカスズカケ」がありますが、このモミジバスズカケはその2種の交配種で、植栽用の主流となっています。

葉の切れ込みの深さが、スズカケより浅く、アメリカスズカケより深いという中間的な形です。

鈴懸の名の語源となった丸い果実のつき方も両者の中間的です。

幹の表皮がはがれやすく、まるで迷彩塗装のような柄になるのが特徴的です。

古木では古い樹皮が肥厚して剥がれかけごつごつした表皮になります。

モミジバスズカケ

2021/06/24 昭和記念公園

モミジバスズカケ

2021/06/24 昭和記念公園

モミジバスズカケ

2021/06/24 昭和記念公園

モミジバスズカケ

2021/06/24 昭和記念公園

モミジバスズカケ

2015年12月 神保町

モミジバスズカケ

見事な迷彩柄の樹皮 2015年3月 神保町

モミジバスズカケ

2021/06/24 昭和記念公園

モミジバスズカケ

2015年6月 所沢・航空記念公園

モミジバスズカケ

2015年6月 所沢・航空記念公園

モミジバスズカケノキ | カエデバスズカケノキ | プラタナス

タイトルとURLをコピーしました