ホソバイヌタデ

ホソバイヌタデ (タデ科イヌタデ属)【細葉犬蓼】
Persicaria trigonocarpa

ホソバイヌタデ

2021/10/05 渡良瀬遊水地

イヌタデ」に似た同属種ですが変種や亜種でなく別種です。

イヌタデよりやや大きめになり、葉が細く花色が独特のうすピンクです。

花の色は「オオイヌタデ」や「ハナタデ」に近い感じですが、特徴的なのは個々の花をよく見るとうすピンクとうす緑のツートンカラー風になっています。

この花は花弁ではなく萼片で、付け根側のうす緑色部分には腺点があります。

托葉鞘は筒形で薄く、縁に長毛があります。

全国的に分布は広いですが生育地は少なく、河川氾濫原にほぼ限られるようです。

環境省カテゴリ:準絶滅危惧(NT)

栃木県:絶滅危惧Ⅱ類
東京都、神奈川県では絶滅種(EX)

ホソバイヌタデ

2021/10/05 渡良瀬遊水地

ホソバイヌタデ

2021/10/05 渡良瀬遊水地

ホソバイヌタデ

2021/10/05 渡良瀬遊水地

ホソバイヌタデ

2021/10/05 渡良瀬遊水地

ホソバイヌタデ

托葉鞘は筒形で薄く、縁に長毛あり 2021/10/05 渡良瀬遊水地

ホソバイヌタデ

托葉鞘は筒形で薄く、縁に長毛あり 2021/10/05 渡良瀬遊水地

タイトルとURLをコピーしました