クマノギク

クマノギク (キク科ハマグルマ属)【熊野菊】
Sphagneticola calendulacea) 別名:ハマグルマ

クマノギク

2021/09/22 小石川植物園

伊豆、紀伊半島~沖縄県の海岸沿いに分布するキクの仲間です。

必ずしも海浜性というわけでもなく、海からやや離れた草地などに生えるようです。

菊らしからぬ厚手でのっぺりした葉はほぼ全縁で上面に粗い毛があります。

花柄の先にひとつだけ大きめの黄色い頭花をつけ、目立つ花です。

総苞片は1列しかなく、キク科の総苞としては異様にのっぺりした感じです。

海岸植物の「ネコノシタ」が同属の仲間で、これも別名ハマグルマというそうです。

クマノギク

2021/09/22 小石川植物園

クマノギク

2021/09/22 小石川植物園

クマノギク

2021/09/22 小石川植物園

クマノギク

2021/09/22 小石川植物園

タイトルとURLをコピーしました