テガタチドリ

テガタチドリ (ラン科テガタチドリ属)【手形千鳥】
Gymnadenia conopsea

テガタチドリ

2021/07/20 八方尾根

亜高山~高山帯の日当たりのよい草地に、にょっきりと生え大型で目立つ蘭です。

やや似ている「ノビネチドリ」とは花期や咲く場所が違うのと、より花序が密で丸っこい印象があります。

葉がすっきりストレートなのも違うところです。

個々の花は「ハクサンチドリ」等のように尖らず丸っこく、色合いも柔らかく下唇弁が3裂します。

手形というのは花の形ではなく根茎の形に由来します。

テガタチドリ

2021/07/20 八方尾根

テガタチドリ

2021/07/20 八方尾根

テガタチドリ

2021/07/20 八方尾根

テガタチドリ

2021/07/20 八方尾根

テガタチドリ

2021/07/19 栂池高原

テガタチドリ

2021/07/19 栂池高原

テガタチドリ

2021/07/20 八方尾根

タイトルとURLをコピーしました