ユモトマムシグサ

ユモトマムシグサ (サトイモ科テンナンショウ属)【湯本蝮草】
Arisaema nikoense subsp. nikoense

ユモトマムシグサ

2021/05/23 長野県茅野市

東北から中部地方にかけての山岳地で、ブナ林や亜高山林下に生えるテンナンショウです。

葉は2枚で小葉は基本5枚、葉には粗い鋸歯または全縁の場合もあります。

仏炎苞は明るい緑色で白条はあまり目立たず、付属体はうす緑の棍棒状。

花は葉よりも高い位置につき、開花後に葉が展開します。

ユモトの名は日光の湯本からきています。

類似の亜種変種に地域変異種があり、カミコウチテンナンショウ、ハリノキテンナンショウ、オオミネテンナンショウ、ヤマナシテンナンショウなどがあるようです。

ユモトマムシグサ

2021/05/23 長野県茅野市

ユモトマムシグサ

2021/05/23 長野県茅野市

ユモトマムシグサ

2021/05/23 長野県茅野市

タイトルとURLをコピーしました