マルバネコノメソウ

マルバネコノメソウ (ユキノシタ科ネコノメソウ属)【丸葉猫の目草】
Chrysosplenium ramosum) 別名:マルバネコノメ

マルバネコノメソウ

2021/05/23 長野県茅野市

近畿地方以北の山地の林下の湿った場所に生えます。

花期に根生葉は無く、走出枝が多数出て、茎葉は対生で丸く葉柄あり。

花の萼片は平開し、雄蕊は8個で短く、葯は黄色です。

花茎に粗い毛が生えるのが特徴です。

マルバネコノメソウ

2021/05/23 長野県茅野市

タイトルとURLをコピーしました