カザグルマ

カザグルマ (キンポウゲ科センニンソウ属)【風車】
Clematis patens

カザグルマ

2021/04/25 清瀬市

園芸品の「クレマチス」の原種となる在来種のつる植物です。

野生種の植物としてはとても大きな花を咲かせ、白色から淡紫色のものが多く、シンプルながらたいへん華やかです。

地域や株による変異が多く、花色や花芯の色も産地によってバリエーションがあります。

花びらに見える大きな萼片は通常8枚で、中国原産の「テッセン」が通常6枚なのと区別されます。

本州、四国、九州北部の丘陵地や段丘崖線などの林縁に生育しますが、そのような環境が減少しているのと園芸用採取で減少し、自生のものはたいへん希少になっています。

環境省カテゴリ:準絶滅危惧(NT)

東京都区部:絶滅(EX)
北多摩、南多摩、西多摩:絶滅危惧IA類
その他全国ほとんどの県で絶滅危惧指定


この花は、保護地に移植されていますが地元の在来自生株で、たいへん希少な多摩地域の自生株です。

大きな蕾が開き出すと8裂に割れてきて、それぞれの萼片の内側に折りたたまれていたものが外に開いてゆくようです。

カザグルマ

2021/04/25 清瀬市

カザグルマ

2021/04/25 清瀬市

カザグルマ

2021/04/25 清瀬市

カザグルマ

2021/04/22 清瀬市

カザグルマ

2021/04/22 清瀬市

カザグルマ

2021/05/06 清瀬市

タイトルとURLをコピーしました