アレチニシキソウ

アレチニシキソウ (トウダイグサ科ニシキソウ属)【荒地錦草】
Euphorbia sp. aff. prostrata) [ハイニシキソウ類似の学名未確定種〕

アレチニシキソウ

2020/09/27 東村山市

ニシキソウ属の帰化植物は何種かありますが、これは「ハイニシキソウ」に似て非なる種類で「アレチニシキソウ」とされています。

ハイニシキソウにたいへん類似していますが、茎は下面以外の全体に屈毛が多く、葉の表面が無毛で裏面に長毛が生えます、

杯状花序は紅色で子房にも毛が多く、三角形の果実になると稜付近に屈毛が生えます。

地面に這って広がりますが、茂ると一部立ち上がってくるようです。

アメリカ大陸中部の原産とされています。

学名は未確定で、「ハイニシキソウ(Chamaesyce prostrat)に類似のニシキソウ属の一種」という表記になっています。

アレチニシキソウ

2020/09/27 東村山市

アレチニシキソウ

2020/09/27 東村山市

アレチニシキソウ

2020/09/27 東村山市

アレチニシキソウ

茎には屈毛が生える 2020/09/27 東村山市

アレチニシキソウ

茎の裏側は無毛 葉裏に長毛 2020/09/27 東村山市

タイトルとURLをコピーしました