ユウバリソウ

ユウバリソウ (オオバコ科ウルップソウ属)(ゴマノハグサ科)【夕張草】
Lagotis takedana

ユウバリソウ

2020/07/30 白馬五竜高山植物園

北海道夕張岳の蛇紋岩崩壊地にだけ生育する固有種で、「ウルップソウ」が蛇紋岩地帯で特殊化したものと考えられています。

ウルップソウによく似ていますが、花色が白色で、葉の形も違っています。

また、ウルップソウの白花「シロバナウルップソウ」というのもありますが、花の葯の長さが違うので見分けられるようです。

環境省カテゴリ:絶滅危惧ⅠB類(EN)


ユウバリソウは、世界でも夕張岳の山頂稜線付近の風衝地帯にのみ生えるきわめて希少な固有種です。
夕張岳はあまりに遠く、実際に見に行ける日があるのかないのか…しかし白馬五竜高山植物園で自然に近いかたちで植栽されています。
残念ながら花期からはずいぶん遅い時期だったので、花後の穂はもう実になりかかっていたようです。

ユウバリソウ

2020/07/30 白馬五竜高山植物園

タイトルとURLをコピーしました