ハッポウタカネセンブリ

ハッポウタカネセンブリ (リンドウ科センブリ属)【八方高嶺千振】
Swertia tetrapetala var. happoensis

ハッポウタカネセンブリ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根

白馬岳周辺の八方尾根や遠見尾根などの蛇紋岩地帯にのみ生育する「タカネセンブリ」の変種で、花冠裂片は萼片よりも長いという特徴をもちます。

1cmほどの小さな花ですが、透明感のある綺麗な青紫の花は赤茶色の蛇紋岩をバックにとても映える存在です。

うす青紫に濃紫の斑点を散りばめ、黄緑色の蜜腺をもつ花のデザインは「アケボノソウ」によく似ています。

長野県絶滅危惧I類

ハッポウタカネセンブリ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根

ハッポウタカネセンブリ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根

ハッポウタカネセンブリ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根

ハッポウタカネセンブリ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根

タイトルとURLをコピーしました