ハッポウウスユキソウ

ハッポウウスユキソウ (キク科ウスユキソウ属)【八方薄雪草】
Leontopodium japonicum form. happoense

ハッポウウスユキソウ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根地蔵の頭

北アルプス・八方尾根周辺に固有といわれる、「ウスユキソウ」の高山性蛇紋岩品種です。

ミネウスユキソウ」との区別は困難ですが、小型で葉が細身で斜上して生えるとされています。

しかし、ミネウスユキソウが蛇紋岩によるマグネシウムイオンの影響を受けているものとすれば、至仏山のミネウスユキソウも同様であり、品種として固定されたものかどうかは疑問のような気もします。

ハッポウウスユキソウ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根地蔵の頭

ハッポウウスユキソウ

2020/07/30 五竜岳遠見尾根地蔵の頭

タイトルとURLをコピーしました