フサザクラ

フサザクラ (フサザクラ科フサザクラ属)【房桜】
Euptelea polyandra) 別名:タニグワ

フサザクラ

2020/03/22 都立薬用植物園

東北南部から九州北部までの山地の谷沿いに生育する、日本特産種の樹木です。

「サクラ」の名が付きますが桜の仲間ではなく、世界に「フサザクラ科」の1科1属2種だけの特殊な植物です。

春先に葉が展開する前に、花弁の無い独特の両性花をつけ、長い雄しべが房状に垂れ下がります。

赤茶色の葯の雄しべの根本には黄緑色の雌しべが多数ついています。

原始的な被子植物と言われ異形の花ですが、風媒花ということで、虫に頼らないので目立つ花弁は必要なく、最も効率的な形状ともいえるのでしょう。

フサザクラ

2020/03/22 都立薬用植物園

フサザクラ

2020/03/22 都立薬用植物園

タイトルとURLをコピーしました