アズマシロカネソウ

アズマシロカネソウ (キンポウゲ科シロカネソウ属)【東白銀草】
Dichocarpum nipponicum) アズマシロガネソウ

アズマシロカネソウ

2020/03/22 都立薬用植物園植栽

トウゴクサバノオ」などサバノオ類と同属の仲間で、植物体の形や花も似ていますが、淡黄色の花びら(萼片)の外側に茶紫色の斑が入るのが特徴です。

この茶色の萼片は、どういうわけか開花時には上の1弁だけはっきり着色するようです。

キンポウゲ科の常で、花びらに見えるのは萼片で、実際の花弁は葯のように見える黄色の部分です。

秋田県岩手県あたりから福井県あたりまでの主に日本海側の沢沿いや林下に分布します。

全国9府県で絶滅危惧指定

アズマシロカネソウ

2020/03/22 都立薬用植物園植栽

アズマシロカネソウ

2020/03/22 都立薬用植物園植栽

タイトルとURLをコピーしました