アスナロ

アスナロ (ヒノキ科アスナロ属)【翌檜】
Thujopsis dolabrata) 別名:アスヒ、ヒバ

アスナロ

2014/08/21 木曽赤沢自然休養林

本州から九州にかけて山地に分布する日本固有種の常緑針葉樹で、「ヒノキ」に似ていますが樹皮が褐色で薄く剥がれます。

また、樹皮の皮目がねじれる感じのものが多いようです。

葉はヒノキと比べると倍ほど大きく扁平で、裏面が凹んで気孔帯のワックス分が広く白く目立ちます。

陰樹で日光の乏しいヒノキ樹林内などでもよく育ちます。

ヒノキチオールや精油分が豊富なため腐りにくく、建築の土台部分や船材として、またまな板としても優れているようです。

別名ヒバとも称されますが、有名な青森ヒバは北方型変種の「ヒノキアスナロ」だそうです。

「木曽五木」のひとつ。

アスナロ

2014/08/21 木曽赤沢自然休養林

アスナロ

アスナロの葉

アスナロ

アスナロの葉