オニノゲシ

オニノゲシ (キク科ノゲシ属)【鬼野芥子】
Sonchus asper

オニノゲシ

2019/11/17 東村山市

ヨーロッパ原産の帰化植物で、明治末期に東京で確認され、現在では日本全国の路傍や空き地、畑などに生育します。

在来の「ノゲシ」によく似ていますが、葉など全体にアザミのように刺々しく荒々しい印象です。

タンポポのように舌状花のみからなる黄色い花を咲かせます。

春から秋まで、場合によっては冬にも花を咲かせます。

ノゲシに比べると棘が多く鋭い点や、葉の基部が耳状に丸く茎を抱き込む形になるので区別できます。

逆に総苞や花茎などの毛はノゲシよりも少ないようです。

オニノゲシ

2019/11/17 東村山市

オニノゲシ

2019/11/17 東村山市

オニノゲシ

2019/11/17 東村山市

オニノゲシ

2019/11/21 小金井公園