コメツブツメクサ

コメツブツメクサ (マメ科シャジクソウ属)【米粒詰草】
(Trifolium dubium)

コメツブツメクサ

2018/04 野川公園

ヨーロッパから西アジア原産の明治時代に渡来した帰化植物です。

「シロツメクサ」よりも、葉も花も小さく、花数が少ないので球形になりません。

葉の感じがやや萩っぽく、不明瞭な鋸歯があります。

受粉して花が終わっても散らずに下向きになって残るのが特徴で、枯れた花が残っています。

コメツブツメクサ

2018/04 野川公園

2016/05 多摩湖

2016/05 多摩湖

2016/05 多摩湖

2016/05 多摩湖

コメツブツメクサ 2016/05 多摩湖

2016/05 多摩湖

タイトルとURLをコピーしました