Ansaldo A1 "Balilla"

Ansaldo A1 “Balilla”

アンサルド A1 バリッラ

1917年イタリア
単発・単座戦闘機。
全長:6.84m、全幅:7.68m、全備重量:885kg
エンジン:S.P.A. 6A 220HP、武装:7.7mm機関銃×2、
最高速度:220km/h

イタリア独自開発の最初の戦闘機だが、登場は1918年からと遅く、実戦に参加したのは僅かだったようだ。
SVA偵察機をベースに小ぶりに作られたが、すでに実戦投入されていたニューポールなどより操縦性など劣り改良が加えられた。

ただし、生産数160ほどの半数近くはポーランドに売られ、ソ連との紛争に使用されている。

Ansaldo A.1 Itary

カテゴリー選択

カテゴリー