ジャズ オリンパス!

 

Jazz Olympus!       (東京・神田小川町)



Jazz Olympus!


神田神保町の隣、小川町のスキーショプ街の裏手に入ったところにビジネスホテル「昇龍館」があります。

その1階で営業する「オリンパス」は2009年の開店。

暗く狭く薄汚く煙く怖い?昔のジャズ喫茶と全く違う、小さなホテルのロビーのようなウッディーでゆったりした快適空間に分厚い音が流れます。

正面には店名の由来である、JBLの大型スピーカー「オリンパス」が鎮座しています。

流れるジャズは、あまり重くなく軽くない、ビッグバンドやヴォーカルが多いようで心地良い。

そして、ここの名物が有名な「赤いチキンカレー」。

スパイシーな辛さですが、見た目ほどびっくりするほど辛いわけではないのでご安心を。

ホテル「昇龍館」とは別の目立たない入り口でちょっと見落としがちなのでご注意。

Jazz Olympus!

入り口

Jazz Olympus!

正面に店名の由来となったJBLオリンパス

Jazz Olympus!

名物の「赤いチキンカレー」

2018年12月


<Jazz Olympus!のウェブサイト>




アディロンダックカフェ

 

Adriondack cafe       (東京・神保町)

Adriondack cafe


Adriondack cafe

神保町というか駿河台下の裏というか、ちょっと路地を入った小さなビルの入口に大きな看板が立っていた。

このビルの4階に上がると「アディロンダックカフェ」がある。

いかにも味のあるマスター曰く、「うちはジャズ喫茶じゃなくて、ジャズの流れるカフェだから」。

今時だから当たり前だが、畏まってジャズを聞く店でなく、気軽にお喋りしたり食事したり飲んだりというカジュアルなお店。

だが、程よく薄暗く程よく雑然とした店内は、古き良きジャズ喫茶の雰囲気充分だ。

この場所に2008年ごろにオープンしたようだが、迂闊にも10年経つまで来たことが無かった。

ここの名物メニューはマスターのニューヨーク仕込みのハンバーガーだそうなので、今度遅いランチを頂きに来てみよう。

Adriondack cafe

オリジナルのコーヒーカップが渋い

Adriondack cafe

店内は広くはないがたまにライブもあるらしい

Adriondack cafe

このごちゃごちゃ感がたまらん

Adriondack cafe

何故か非常に落ち着く

Adriondack cafe

BGM配置のJBLスピーカー「ランサー」

2018年12月





リバーサイドジャズ

 

Riverside Jazz       (東京・銀座)
リバーサイドジャズ

リバーサイドジャズ(ショップカード)

リバーサイドジャズ

リバーサイドジャズ(ショップカード)


2017年4月1日オープンの、銀座の真ん中の小さなビルの2階にある、こぢんまりとしたお店です。

この界隈に用事があり、ちょっと立ち寄ってみましたが手淹れのコーヒーが美味しい落ち着くお店でした。

リバーサイド・レーベルのコレクションがすごいらしいです。

流石に今どきのお店ですから、マッチはありませんが、ショップカードがありました。

ミスティー

Misty     (埼玉県所沢市)


所沢といっても、市街中心ではなく、少し外れた星の宮地区にあったジャズバーらしき小さなお店。
通りがかりに気づいて何度か行ってみようとしたが、昼間はやっていないらしく、夜には行く機会がなく、といううちに無くなってしまった。
「Sinse1992」となっているが、どのくらい続いてやっていたのか。
15年ぐらいだろうか。

001

ビッグボーイ

BIG BOY     (東京・神保町)


bigboy

久しくジャズ喫茶が無かった神保町に、2006年末オープンしたお店。

ガラス張りでオープンな明るい雰囲気の小さなお店ですが、ちゃんとJAZZ喫茶してます。
注文すると一杯づつ淹れてくれるコーヒーがとっても美味しいです。
神保町交差点裏の「さぼうる」の隣の角にあります。
昼間はコーヒータイム、夜はバータイムということで、その間の夕方はしばらく休業時間となります。

photo by Nekosennin July.2007

BIG BOY 2015/06

BIG BOY 2015/06

2018年12月

Big Boy

img059

東京都千代田区神保町1-11





東京倶楽部

Tokyo Club     (東京・水道橋)


t-club1

東京倶楽部は、1990年オープンのジャズクラブです。
水道橋駅からすぐの線路沿いにあり、ほぼ毎日ライブをやってます。
ゴリゴリの硬派ジャズという訳ではなく、8割程度をJAZZが占め、その他、ブルース、フォーク、カントリー、ロック、アカペラ、エスニックなども演奏されています。
HPもあり、スケジュールはもちろん、割引クーポンが当たる送信フォームなんかも有ります。

この写真はお店の入り口です。
ビルのB1に下って行く入り口になっています。
中は40席ほどのこじんまりとしたフロアーで、アットホームな雰囲気です。


t-club2

この日は私が最近よく行っている、ヴォーカルの池の本和美グループです。
ポップスがかった志向ながら、曲目はモダンジャズの超スタンダードが多いのでオジサンでも安心 (^^)
パワフルかつ繊細なヴォーカルを楽しめます。

t-club3

キュートでパワフルな和美サンは定期的に出演してるので、ぜひ行ってみてください。
「キャラバン」、「ラヴァー・カムバック・トゥー・ミー」あたりは必ず聴けます。

(この画像は、2003年1月取材によるものです。)

東京都千代田区神田駿河台2-11-16




バップ・店内画像

バップ    BOP   (函館)

bop1

deraさんに頂いた、バップの店舗画像。
昭和45年ごろからの老舗のようで、JBLパラゴンを使用しているらしい。
どんなお店か判らないが、これで見る限りかなり凝ったアンティーク調のインテリア。
暗めの照明の中、渋めの曲にどっぷり浸かったら動けなくなりそう。

bop2

お店の入り口にJBLの看板。
よく見ると、同じ建物の左隣は皮膚科医院らしい。
病院の隣でパラゴンなんか鳴らしまくって大丈夫なのだろうか (^^;

この画像は、2002年、deraさんのご提供によるものです。

中野・ハラーズ

ハラーズ    Harah’s   (東京・中野)

photo by Nekosennin July.2004

photo by Nekosennin July.2004


中野の「ビアズレー」、「オーブレー」、「いもはうす」と同系列で現在唯一残っているお店。
ジャズ喫茶ではないが、近い雰囲気を色濃く持っているお店です。
ジャッキー・マクリーンのペイントがしてあるあたりもそれっぽい。
残念ながら取材に行った日は休業してました。

photo by Nekosennin July.2004

新所沢・スワン

swan1


1965年ごろからの老舗JAZZ喫茶。
店の場所は開店以来3-4回変わったようだが、ここにできる前の、所沢駅前が再開発中のときのお店には何度か行ったことがある。
現在は西武線・新所沢駅すぐ前の住宅地の入り口にこじんまりとした店を構える。
店内には古き良きJAZZ屋の好ましい雰囲気をたっぷり残している。
フロアは狭いながら、かなりのペースで頻繁に夜のライブが行われている。

swan3

swan2


お店の入り口に懸かる看板。
「JAZZ CORE IN THE 60’S」の文字が見える。

店の入り口はビルの正面通路からもあり、そちらには路面の立て看板が置いてあります。

この画像は、2001年7月取材によるものです。

photo by Nekosennin July.2004

埼玉県所沢市緑町1-18-1