エオンタ

EONTA       (松本市)

00


北アルプスに山登りに行くと、決まって帰りに寄っていた、松本市のジャズ喫茶。
わりと閑静な一角の2階にあって、ここのアイスコーヒーがとても美味しくて楽しみだった。
ダラー・ブランド「アフリカン・ピアノ」など、ここで聴いて気に入って帰って買ったレコードが結構ある。
ここのマッチはテーブルにお徳用特大マッチが置いてある方式。

ヴォイス

VOICE       (神戸)

ヴォイス

ヴォイス


これまた、人にお借りした神戸・三宮のお店のカード。
上と同じく、ATUKO様からのご提供です。
JAZZ喫茶であることがすぐ判るデザインです。

この「VOICE」の画像は、ATUKOさんのご提供によるものです。
ATUKOさん、ありがとうございます。

白山・映画館

Eigakan       (東京・文京区)

eiga01

「映画館」は、昭和51年から営業を続ける老舗。
場所柄、メジャーな名前ではないがこだわりのオーディオとサウンドは有名。
最近は詩や朗読の世界でのイベントも多いようである。

昔のJAZZ喫茶マッチの画像をお送りいただくなど、メールではお世話になりながら行ったことがなかった、白山・映画館。
先日、仕事の帰りにようやくお邪魔することができました。

eiga02

都営地下鉄、三田線の白山駅からすぐ、白山神社のすぐそばです。
暗い路地に下りる小さな階段を降るとすぐありました。
「映画館」の電飾看板が煌々として、ジャズ喫茶という感じはしにくいかも。

eiga03

こじんまりとしたレトロな入り口です。
ひと昔前の小さなスナックとでもいうか、正直いってあまり冴えないエントランスです。
ガラス戸で中が見えるので、初めてでも入りにくいお店ではありません。
訪問した夜は雨でしたが、この路地も含め雨の夜が似合う風情で味があります。

eiga04

正面のスピーカーシステム。
ホーンユニットが幾つも積み重なり、何やらコイルやパーツがそこかしこに。
客席にミキサーコンソールがあるのはどういう訳?
いかにも「マニアック」を感じてしまいます。

しかしその音はうるさ過ぎず、小さからず、流石に温かみと艶のある素晴らしい音色です。
ふくらみのあるライブ感に富んだ音、とでもいうべきでしょうか。
しゃかしゃかした今風のデジタルなサウンドの対極で落ち着きます。

eiga07

これが噂の管球アンプとそのシステム。
CDをかけてもデジタル的に感じない秘密はこの辺にあるのでしょうか。
不思議に電子機械を感じさせないウッディーなオーディオシステムです。

eiga05

あちこちに古い映写機や映画機材、書籍類などで埋まった店内。
レトロでアンティークな雰囲気の店内はたいへん居心地のよい落ち着きの空間です。
といっても、全然気取ったアンティークではなく、どちらかというと雑然とした安らぎというか…
もちろん、昔の頭を抱えるジャズ喫茶ではなく、自分の時間をしっかり過ごせるスペース。 お酒も揃っていて安い。

eiga06

古い映画のポスター、古びた小物類。
けばけばしいモノ、光りモノのない内装で、その音と同じく温かみと艶を感じる室内。
古きよき時代の「書斎」という感じもします。

いつもこの辺に寝ているはずの名物猫君はお出かけだそうで、会えなかったのが心残り。
また今度お会いしに行きましょう。

ちなみに、一見怖そうなマスターは実は優しい方なのでご安心を (^^)
貴重な昔のマッチをお譲り頂きました。

ありがとうございました!

*この画像は、2004年6月の取材です。


SV-AS10 ImageData

追伸:
後日、また行ったときには名物猫の「オイ」君に会うことができました。
人懐っこく、椅子の上でよく眠っていました。

しかし、残念ながら2006年オイ君は亡くなったそうです。

ご冥福をお祈りします


<映画館 WEB>


東京都文京区白山5-33-19

音楽館

ONGAKUKAN      (東京・渋谷)

ONGAKUKAN

ONGAKUKAN

ONGAKUKAN

ONGAKUKAN


知る人ぞ知る、一時期の渋谷・百軒店を代表していたジャズ喫茶。

かの伝説のカレー屋、「ムルギー」の2階にあって、黒くない明るめの内装なのでなんかあっけらかんとした雰囲気だった。
マンガ本がいっぱいあって、かかる曲は真面目なジャズだった。
マッチがあった覚えはなかったのだが、Mさんより寄贈頂いたマッチの中にこれがあった。
何ともいえない雰囲気をもつ裏表同じデザイン、と思いきや、手が対称になっていた。

ここは現在、ほぼ当時のままで、「jazz@groove」というお店になって頑張っていましたが、残念ながら閉店となりました。

オーブレー

AUBREY      (東京・中野)

AUBREY

AUBREY

AUBREY

AUBREY


中野「ビアズレー」の姉妹店。
名前は、19世紀のイラストレイター、オーブリー・ビアズリーから。
同じ中野の「ハラーズ」「いもはうす」と同じ、原田氏の経営。
「ビアズレー」が硬派のモダンジャズなのに対して、こちらはヴォーカルやソフト路線のジャズ酒場。
場所もビアズレーとは反対の南口、丸井のそばだった。

エイアンドエフ

A & F      (東京・吉祥寺)

A & F

A & F


吉祥寺にJAZZ喫茶は多いが、その中でも「硬派」のトップクラスとして最近まで頑張っていたA&F。
残念ながら2002年に閉店となりました。
最近の閉店だけに、惜しむ声もたいへん多かったようです。
マッチは両面同デザイン。


A&F

A&F


こちらは、戴きものの別デザインバージョンです。
裏面の「AUDIO-71」って何だろう?

イントロ

INTRO      (東京・高田馬場)

INTRO

INTRO

INTRO

INTRO


ここもいかにもJAZZ屋らしいJAZZ屋の雰囲気があった。
オーソドックスな選曲だったようだが、その日の担当者によってけっこう傾向が違っていた。

この店は、今は飲み屋っぽくなっているが健在!

intoro

intoro

intoro

intoro


「イントロ」のバージョン違いマッチ。
こちらの方が新しいか?

インクスポット

INK SPOT      (東京・渋谷)

INK SPOT

INK SPOT

INK SPOT

INK SPOT


「インクスポット」は、渋谷でも道玄坂の百軒店の反対側というか、ホテルやキャバレーが多い、井の頭線の南側だったと思う。
ジャズ喫茶というより、クラブかバーという感じで当時恐れおおくて結局入れなかったような覚えがある。
記憶が定かでないが…
ここは今でも営業しているらしいが、それも定かでない。
このマッチは頂きもの。

いもはうす

Imo House      (東京・中野)

いもはうす

いもはうす

いもはうす

いもはうす


「ビアズレー」、「オーブレー」と同じ経営のライブハウス。
といっても、談話しながらお酒を飲む明るい店で、BGM的にライブをやるという感じでピアノトリオが多かった。
都心の店でないので値段も手ごろだったので、何度もよく行ったが今は無い。
マッチはいっぱい有ったが、みんなどっか行ってしまった。
これは頂きものの画像。

この「いもはうす」の画像は、Sing Ya !さんのご提供によるものです。
Sing Ya !さん、ありがとうございます。