調布市野草園

野山の草花

ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ (タデ科イヌタデ属)【継子の尻拭い】 (Persicaria senticosa) 別名:トゲソバ 秋に湿地や田んぼの周辺に咲くタデの仲間は、「ミゾソバ」や「アキノウナギツカミ」など何種もありますが、...
野山の草花

メマツヨイグサ

メマツヨイグサ (アカバナ科マツヨイグサ属)【雌待宵草】 (Oenothera biennis) マツヨイグサ属は全てアメリカ大陸原産で、メマツヨイグサは明治時代に入ってきた北アメリカ原産の帰化植物です。 この仲間の黄...
2019.09.06
野山の草花

シロバナサクラタデ

シロバナサクラタデ (タデ科イヌタデ属)【白花桜蓼】 (Persicaria japonica) 「サクラタデ」の白花というだけかと思っていましたが、別種の花です。 比べると個々の花が小さく、花序もややまばらで弱々しい...
2018.09.22
野山の草花

シナノアキギリ

シナノアキギリ (シソ科アキギリ属)【信濃秋桐】 (Salvia koyamae) 「キバナアキギリ」によく似ていますが、長野県佐久近辺や群馬県妙義山周辺のごく限られた場所にしか自生しない希少な別種です。 キバナアキギ...
2019.09.06
野山の草花

オオアワダチソウ

オオアワダチソウ (キク科アキノキリンソウ属)【大泡立草】 (Solidago gigantea subsp. serotina) 「セイタカアワダイソウ」の仲間で、明治時代に北米から観賞用として伝来したものが全国に野生化し...
2018.08.12
野山の草花

ナツエビネ

ナツエビネ (ラン科エビネ属)【夏海老根】 (学名:Calanthe puberula) 日本の「エビネ」類の中で唯一夏に咲く種類です。 花はうす紫色で、いかにもランらしい幽玄な雰囲気です。 葉はエビネに...
2019.09.06

ナツズイセン

ナツズイセン (ヒガンバナ科ヒガンバナ属)【夏水仙】 (Lycoris x squamigera) 真夏の暑い中で田舎の庭先や田園風景の中で綺麗なピンクの花を咲かせるナツズイセンは、水仙の仲間ではなく「ヒガンバナ」の仲間です...
2018.08.12
山岳の草花

クサアジサイ

クサアジサイ (アジサイ科クサアジサイ属)【草紫陽花】 (学名:Cardiandra alternifolia) アジサイの仲間ですが、独自のクサアジサイ属となり、クサの名の通り草本です。 高さ50cmぐらいまでにしか...
2019.08.04
野山の草花

ムラサキツユクサ

ムラサキツユクサ (ツユクサ科ムラサキツユクサ属)【紫露草】 (Tradescantia ohiensis) 北アメリカ東部原産の帰化植物で、明治時代に園芸種として移入されたものです。 今も品種改良された園芸種が何...
野山の草花

ツルボ

ツルボ (APG:キジカクシ科ツルボ属)(旧:ユリ科)【蔓穂】 (Barnardia japonica) 秋のはじめに、草むらのあちこちから薄むらさきの穂状の花を立てる可憐な花です。 じつは、春に葉を出して一旦夏に枯れ...
2019.09.06
野山の草花

タヌキマメ

タヌキマメ (マメ科タヌキマメ属)【狸豆】 (学名:Crotalaria sessiliflora) ネーミングに思わず納得してしまうルックスの花です。 毛むくじゃらな部分は萼で、花後は果実(豆)となります。 花...
2019.09.06
野山の草花

キツネノカミソリ

キツネノカミソリ (ヒガンバナ科ヒガンバナ属)【狐の剃刀】 (Lycoris sanguinea) 「ヒガンバナ」と同じリコリス属の花で、ヒガンバナ同様いきなり花が咲き出します。 その前に早春にはすでに葉が出て、他...
2019.09.10
野山の草花

ニガクサ

ニガクサ (シソ科ニガクサ属)【苦草】 (Teucrium japonicum) ちょっと「イヌゴマ」などにも似ていますが、これはもっと雑草的に街の川辺にも生えています。 シソ科らしい唇弁花ですが、この属は下唇弁が長く突き...
2018.08.06
野山の草花

コシロノセンダングサ

コシロノセンダングサ (キク科)【小白の栴檀草】 (学名:Bidens pilosa var.minor) 別名: タチアワユキセンダングサ、シロバナセンダングサ、シロノセンダングサ 「コセンダングサ」の変種という位置づけで、...
野山の草花

イヌショウマ

イヌショウマ (キンポウゲ科)【犬升麻】 (学名:Cimicifuga biternata ) 同属の「サラシナショウマ」同様、上部で分岐しない長い穂状の花を付けますが、サラシナショウマのようにきれいに一斉に開花せず、赤みを帯び...
2017.01.13
9月

キレンゲショウマ

キレンゲショウマ (APG:アジサイ科キレンゲショウマ属)(ユキノシタ科)【黄蓮華升麻】 (Kirengeshoma palmata) 「レンゲショウマ」に似て黄花である、という名前ですが、ちっとも似ていません。 種類とし...
2018.08.02
野山の草花

サギソウ

サギソウ (ラン科)【鷺草】 (学名:Pecteilis radiata (Thunb.) ) ランの仲間としては珍しく栽培繁殖が確立してきたらしく、鉢植えなどの園芸植物としてはわりあいポピュラーになっている花です。 しかし、...
2018.08.02
野山の草花

センニンソウ

センニンソウ (キンポウゲ科センニンソウ属)【仙人草】 (学名 Clematis terniflora) 密生する純白の4弁の萼片と蕊がとても美しいつる植物です。 センニンソウ属は「クレマチス」のことで、あのカザグルマが同属で...
2019.09.06
野山の草花

ウバユリ

ウバユリ (ユリ科)【姥百合】 (学名:Cardiocrinum cordatum) ユリの仲間には違いないのですが、なんとも地味な花ではあります。 ユリとは思えない丸い大きな葉を付けますが、開花期には枯れ落ちてくることが多い...
2018.08.02
野山の草花

オトコエシ

オトコエシ (APG:スイカズラ科オミナエシ属)(オミナエシ科)【男郎花】 (Patrinia villosa) 「オミナエシ」と対比させたネーミングで、当然こちらのほうがごっつい感じです。 セリ科のような散状...
2019.09.06
野山の草花

ヒオウギ

ヒオウギ (アヤメ科アヤメ属)【檜扇】 (学名:Iris domestica) あまりに鮮やかで綺麗な花なので、長いこと園芸花だと思っていましたが、日本に自生する山野草だったのですね。 きれいに並ぶ葉の様子が似ているので、「桧...
2019.09.07
野山の草花

ミソハギ

ミソハギ (ミソハギ科ミソハギ属)【禊萩】 (学名:Lythrum anceps) 春から初夏の花が終わり、夏の花も本格化する前の梅雨時は、わりあい地味な花が多いように思いますが、咲き始めのミソハギがひときわ眼を引きます。 国...
2019.09.06
野山の草花

ヤナギハナガサ

ヤナギハナガサ(クマツヅラ科クマツヅラ属)【柳花笠】 (学名: Verbena bonariensis) 河原の雑草として、全国的に広がっている帰化植物。 南アメリカ原産で、園芸品種として1950年代から入ってきたそうです。 ...
2018.08.12
野山の草花

キチジョウソウ

キチジョウソウ (APG:キジカクシ科キチジョウソウ属)(ユリ科)【吉祥草】 (学名:Reineckea carnea) 雑木林の下生えとして、ヤブランのような感じで生えています。 この花が咲くと、いいことがあるということ...
2018.03.03
野山の草花

シロバナセキヤノアキチョウジ

シロバナセキヤノアキチョウジ(シソ科)【白花関屋の秋丁字】 (Plectranthus effusus f. leucanthus) 「セキヤノアキチョウジ」の白花です。 抜けるような純白で綺麗です。
2018.11.02
野山の草花

セキヤノアキチョウジ

セキヤノアキチョウジ(シソ科)【関屋の秋丁字】 (Plectranthus effusus) 春の「エンゴサク」類に似ているが、秋のシソ科代表である「ヤマハッカ」などと同グループ。 同類の「アキチョウジ」は、中部東海以西に分布...
2018.11.02
野山の草花

シラヤマギク

シラヤマギク (キク科シオン属)【白山菊】 (学名:Aster scaber) いわゆる秋の「野菊」類の中でも、まばらで小さく、「貧相」といえば貧相ですが、林縁の薄暗い中に浮かび上がる不思議な存在感。 花は小さいですが株は大き...
2019.09.06
野山の草花

メドハギ

メドハギ (マメ科ハギ属) (Lespedeza juncea var. subsessilis) いわゆる道端の「雑草」ですが、よく見ると花も葉の形も可愛い味のあるものです。
2019.09.06
野山の草花

ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ (APG:ヒガンバナ科ネギ属)(ユリ科)【山辣韮】 (学名:Allium thunbergii) 東北以南の、野山の湿地っぽいところや、山の湿原に生える秋の花。 ネギ属ということで、要はネギ坊主...
2018.10.14
野山の草花

リュウノウギク

リュウノウギク (キク科キク属)【竜脳菊】 (Dendranthema japonicum) いわゆる野菊の中でも、晩秋遅くに咲く種類です。 いかにも「野菊」という花のイメージで、葉に含まれる揮発成分が香るので「竜脳香...
2018.10.23
野山の草花

ミカエリソウ

ミカエリソウ (シソ科)【見返草】 (学名:Leucosceptrum stellipilum) シソ科だが、木本です。 「テンニンソウ」の仲間で、樹勢も花も似ています。 思わず見返る、というほど派手な花でもないようですが、自然...
2016.10.22
野山の草花

サワギキョウ

サワギキョウ (キキョウ科ミゾカクシ属)【沢桔梗】 (学名: Lobelia sessilifolia ) キキョウ類の中でも異端児的な花の形をしています。 ミゾカクシ属ということで、「ミゾカクシ」に花の形が似ています。 ...
2019.09.06
野山の草花

ノコンギク

ノコンギク (キク科)【野紺菊】 (学名:Aster microcephalus var. ovatus) いわゆる「野菊」といわれる種類の中でも、一番ポピュラーなひとつで、生育範囲も広く個体数も多いものですが、同じく最もポピュラー...
2018.11.11
野山の草花

クサノオウ

クサノオウ(ケシ科)【草の王】 Chelidonium majus 全草に約21種のアルカロイド成分を含み有毒。 葉や茎を切ると黄色い樹液がでてきて、いかにも毒そうである。 同時に昔から皮膚病の薬草ともされている。 ...
2017.04.16
野山の草花

キバナノツキヌキホトトギス

キバナノツキヌキホトトギス(ユリ科) (Tricyrtis perfoliata) 深大寺の調布市野草園に、山野草の鉢植えがいくつか並べてありました。 その中に黄色い花の吊り下がりのホトトギスが。 「タマガワホトトギス」...
2017.11.21
野山の草花

ミゾソバ

ミゾソバ(タデ科 Polygonum thunbergii ) 別名:ウシノヒタイ 秋のタデの代表格で、田んぼのあぜ道から高原の湿地まで、どこにでもあるけれど綺麗ですね。 つぼみの塊だけで見過ごしてしまうことが多いですが、開花...
2019.09.07
野山の草花

キンミズヒキ

キンミズヒキ(バラ科 学名:Agrimonia pilosa) 「ミズヒキ」の名前がついていますが、ミズヒキはタデ科なので全然別の植物です。 オカトラノオなどによく似た花ですが、それらとも科が違います。 林のへりなどに、わりあ...
2018.08.06
野山の草花

レンゲショウマ

レンゲショウマ(キンポウゲ科) (蓮華升麻、学名:Anemonopsis macrophylla) 奥多摩・御岳山の「名物」。 まさに今、「レンゲショウマまつり」開催中で、お盆休みの最中にて、多くの人が写真を撮りにきていました...
2018.08.05