御岳山

山岳の草花

クサアジサイ

クサアジサイ (アジサイ科クサアジサイ属)【草紫陽花】 (学名:Cardiandra alternifolia) アジサイの仲間ですが、独自のクサアジサイ属となり、クサの名の通り草本です。 高さ50cmぐらいまでにしか...
2018.08.12
野山の草花

ダイコンソウ

ダイコンソウ (バラ科ダイコンソウ属)【大根草】 (Geum japonicum) 一見「キンポウゲ」か「キツネノボタン」に似た雰囲気に長く立ち上がった黄色い花で、山地の林下や沢沿いに咲きます。 実際はバラ科で、よく見...
2018.08.12
野山の草花

スギ

スギ (ヒノキ科スギ属)【杉】 (Cryptomeria japonica) 日本では誰にとっても最も身近な針葉樹のひとつですが、本州から屋久島まで分布する日本固有種です。 ただし、秋田杉や北山杉など、日本海側の天然杉は「...
2018.08.12
野山の草花

ケムラサキニガナ

ケムラサキニガナ (キク科アキノノゲシ属)【紫苦菜】 (Lactuca sororia var. pilipes) 山地の半日蔭に生え、ひょろひょろと高く伸び、長いと1m以上にもなる草で、天辺に円錐花序をつけます。 「...
3月

ヤマガラ

ヤマガラ (シジュウカラ科)【山雀】 (学名:Parus varius) 山地から市街地まで、季節によっていろいろなところでみられます。 人懐こい小鳥とされますが、野生では特別近寄りやすいというわけではないようです。 ...
2018.03.26
野山の草花

ヤマキツネノボタン

ヤマキツネノボタン (キンポウゲ科キンポウゲ属)【山狐の牡丹】 (Ranunculus silerifolius var. silerifolius) 「キツネノボタン」の変種ということで、ほとんど同じですが、花期が遅く...
2018.08.16
野山の草花

ミツデウラボシ

ミツデウラボシ (シダ植物門ウラボシ科) (Crypsinus hastatus) 充分に成長すると3つに大きく裂けた葉で20cmほどになりますが、小さいうちは楕円形やさじ型の単葉です。 針金のような細い茎で岩に着生し...
野山の草花

ハシリドコロ

ハシリドコロ (ナス科ハシリドコロ属)【走野老】 (Scopolia japonica) 春の山野の風物詩であると同時に、有名な毒草でもあります。 「チョウセンアサガオ」などと同様、典型的なナス科のアルカロイド毒含有植物。...
2018.03.29
野山の草花

ツルネコノメソウ

ツルネコノメソウ (ユキノシタ科ネコノメソウ属)【蔓猫の目】 (学名:Chrysosplenium flagelliferum) どれも判りにくいネコノメソウ類の中では、他に似たものがないので分かり易い種類です。 ...
2018.04.30
野山の草花

ミツバコンロンソウ

ミツバコンロンソウ (アブラナ科タネツケバナ属)【三葉崑崙草】 (Cardamine anemonoides) 渓谷の水際に咲き、地味ながら存在感のある花です。 「ユリワサビ」などにも似た4弁の花は、いかにもアブラ...
2018.04.27
野山の草花

キバナノアマナ

キバナノアマナ (ユリ科キバナノアマナ属)【黄花の甘菜】 (学名:Gagea lutea )別名 キバナアマナ 「アマナ」や「ヒロハノアマナ」とは別属になっているだけあって、花の姿や印象が違います。 花茎から花までが区切り...
2017.05.05
野山の草花

ミヤマハコベ

ミヤマハコベ (ナデシコ科ハコベ属)【深山繁縷】 (Stellaria sessiliflora) 一見して、いかにもハコベの仲間と見えますが、花が大きめで整っているのでよく目立ちます。 沢沿いの飛沫で濡れたような...
2019.05.08
野山の草花

クサイチゴ

クサイチゴ (バラ科キイチゴ属)【草苺】 (学名:Rubus hirsutus) 春の低山に目立つ大きな白い花。 狭山丘陵では「モミジイチゴ」がたくさんありますが、モミジイチゴの花が下向きに咲くのに比べ、これは上向きにより...
2019.03.21
野山の草花

カテンソウ

カテンソウ (イラクサ科)【花点草】 (学名:Nanocnide japonica) とても地味で小さく目立たない花ですが、よく見るとなかなか面白い花ではあります。 草の天辺につく花序は雄花で、蕾が熟すと5弁の梅の和菓子の...
2017.04.23
野山の草花

ユリワサビ

ユリワサビ (アブラナ科ワサビ属)【百合山葵】 (学名:Wasabia tenuis) その名の通り、ワサビの仲間ですが、あのように太い根にはなりません。 花もよく似ていますがまばらに咲き、ワサビと違い、葉が波状の鋸歯となりま...
2019.03.23
野山の草花

コチャルメルソウ

コチャルメルソウ (ユキノシタ科チャルメルソウ属)【小哨吶草】 (学名:Mitella pauciflora ) 花の形から「チャルメラ」の名をつけられた花ですが、単独で生えていると小さく目立たないので、知らないとなかなか見つけ...
2018.04.05
野山の草花

ハナネコノメ

ハナネコノメ (ユキノシタ科 ネコノメソウ属)【花猫の目】 (Chrysosplenium album var. stamineum) 早春の高尾山の名物となっている花で、ネコノメソウの仲間の中では珍しく白い萼片(花...
2018.04.30
9月

トチバニンジン

トチバニンジン (APG:ウコギ科)(ウコギ科)【栃葉人参】 (Panax japonicus) 栃の木の葉のような5枚葉の葉を輪生する、ちょっと変わった感じのする草です。 ウコギ科らしい、ヤツデやウドのような球状の緑の雄性花...
2018.08.16
野山の草花

ウバユリ

ウバユリ (ユリ科)【姥百合】 (学名:Cardiocrinum cordatum) ユリの仲間には違いないのですが、なんとも地味な花ではあります。 ユリとは思えない丸い大きな葉を付けますが、開花期には枯れ落ちてくることが多い...
2018.08.02

スミナガシ

スミナガシ (タテハチョウ科)【墨流】 (Dichorragia nesimachus) タテハチョウの中でも、オオムラサキやゴマダラチョウに近い仲間で、渋い色模様の蝶です。 特別珍しいわけではありませんが、個体数が多くないの...
2018.01.09
野山の草花

ナンテンハギ

ナンテンハギ (マメ科)【南天萩】 (Vicia unijuga) 別名:フタバハギ 林の縁の、日当たりのよいところに茂っています。 ソラマメ属なので、「クサフジ」などに近い仲間ですが、フタバハギといわれるように、他の種では羽...
2019.06.22
野山の草花

クワガタソウ

クワガタソウ (APG:オオバコ科)(ゴマノハグサ科)【鍬形草】 (学名:Veronica miqueliana) あまり目立たない小さな花ですが、なかなか綺麗な花です。 独特の葉序なので、見分けはつけやすい植物です。 ...
2018.05.05
野山の草花

モミジガサ

モミジガサ (APG:キク科コウモリソウ属)【紅葉笠】 (Parasenecio delphiniifolius) 「ヤブレガサ」に似ていますが、それよりも葉の切れ込みが浅く、ハウチワカエデの葉のような形です。 花は秋口近...
2018.09.16
野山の草花

ソバナ

ソバナ (キキョウ科)【岨菜】 (学名: Adenophora remotiflora ) 紫の花が俯向きで並んで咲くので、霧の中などに見ると憂いを帯びた風情があります。 ツリガネニンジン属ということで「ツリガネニンジン」...
2018.08.13
野山の草花

ノリウツギ

ノリウツギ (APG:アジサイ科アジサイ属)(旧ユキノシタ科)【糊空木】 (学名:Hydrangea paniculata ) 「ヤマアジサイ」的な花の構成ですが、花序が円盤型ではなく円錐型になります。 4弁の装飾花はかなり大...
2018.08.02
野山の草花

イワタバコ

イワタバコ (APG:イワタバコ科)(イワタバコ科)【岩煙草】 (Conandron ramondioides) 沢などの濡れた岩場に生え、星形の紫の花を咲かせます。 生える場所や環境によって、花は単体で立ち上がったり、散状花...
2017.01.11
野山の草花

ツクバネソウ

ツクバネソウ (APG:シュロソウ科ツクバネソウ属)(ユリ科)【衝羽根草】 (学名:Paris tetraphylla) 輪生する4枚葉が特徴的な、全国の山地に生える野草です。 8本の雄しべがいきなり萼から突き出たような、...
2018.03.03
野山の草花

キヌタソウ

キヌタソウ (APG:アカネ科ヤエムグラ属)【砧草】 (学名:Galium kinuta ) 「アカネ科ヤエムグラ属」の仲間ですが、葉の感じがユリ科的なので、「ツクバネソウ」と間違えやすいです。 もちろん、花は全く違いますし、...
2018.03.03

ミツバツツジ

ミツバツツジ (ツツジ科)【三葉躑躅】 (Rhododendron dilatatum var. dilatatum) まだ辺りは一面の枯草色という早春の山の中に、ぽつぽつと鮮やかなピンクが見えだすと、春の喜びの象徴...
2019.04.05
野山の草花

ヒメフウロ

ヒメフウロ (フウロソウ科)【姫風露】 (学名:Geranium robertianum L.) ヒメフウロは、日本では近畿や四国の一部地域にしかなく、主に石灰岩地帯に生息する絶滅危惧種ということで、狭山丘陵などにあるはずもない...
2017.05.18
野山の草花

ユキノシタ

ユキノシタ (ユキノシタ科)【雪の下】 (学名:Saxifraga stolonifera) 家の庭や石垣まわりに定番的に植えられているユキノシタは、山では湿った岩場や林下に群生することがあります。 平場の群生が一斉に咲く...
2018.07.01
野山の草花

アカネスミレ

アカネスミレ (スミレ科スミレ属)【茜菫】 (Viola phalacrocarpa) 濃い赤紫色が、冬枯れ残る山の斜面に目立って映えます。 色味の美しさではスミレの仲間うちでもかなり上位でしょう。 花がスリムな感じなのは、...
2018.05.01
野山の草花

フタバアオイ

フタバアオイ (ウマノスズクサ科カンアオイ属)【双葉葵】 (Asarum caulescens) いわゆる『葵の御紋』のモデルとされ、基本的に双葉を1セットとして生えるのでこの名になっています。 イメージ的には、「カン...
2019.05.26
野山の草花

エンレイソウ

エンレイソウ (APG:シュロソウ科エンレイソウ属)(ユリ科)【延齢草】 (Trillium smallii ) 普通のエンレイソウは、「ミヤマエンレイソウ」(シロバナ)と違って、緑から暗紫色の地味な萼片となるので華やか...
2019.06.10
野山の草花

イカリソウ

イカリソウ (メギ科)【碇草、錨草】 ( Epimedium grandiflorum var. thunbergianum) 深海のクラゲか宇宙生物かという、ちょっと理解しづらい形状の花です。 4本の触手のように突き出て...
2017.04.24
野山の草花

ニッコウネコノメソウ

ニッコウネコノメソウ (ユキノシタ科)【日光猫の目草】 (Chrysosplenium macrostemon var. shiobarense) 「ネコノメソウ」の仲間は、けっこう種類が多く似たものが多いので場合に...
2018.04.30
野山の草花

ヒナスミレ

ヒナスミレ (スミレ科スミレ属)【雛菫】 (Viola tokubuchiana var. takedana) 「スミレ界のプリンセス」とまで言われるほどに、清楚でかつ野性味のあるスミレ。 白に近いものから、標...
2019.04.21
野山の草花

アケボノスミレ

アケボノスミレ (スミレ科)【曙菫】 ( Viola rossii ) 日当たりの良い枯れ草の土手状のところに、いきなり花が生え出しています。 開花していない蕾に近い状態では、まるで何かの蘭かと思います。 独特の...
2017.11.20
野山の草花

ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク (ケシ科キケマン属)【山延胡索】 (学名:Corydalis lineariloba ) 同属の「ジロボウエンゴサク」と生息地が被っていて紛らわしいですが、こちらのほうが総じてしっかりした印象があります。 花もやや...
2019.04.06
野山の草花

センボンヤリ

センボンヤリ (キク科センボンヤリ属)【千本槍】 (学名:Leibnitzia anandria ) 御岳山で初めて見たときは、花の姿から、キク科であることは間違いないが、最初、何だか判らなかったのでビジターセンターで教えてもら...
2018.11.02