ホトトギス特集

ユリ科の花の中でも異彩を放つ「ホトトギス」類は、東アジア特有の植物で、日本列島を中心に台湾、朝鮮半島まで分布します。

ざっと20種ほどある全体の半分の10種が日本固有種で、そもそもの発祥が日本原産であると考えられています。

ホトトギス属は4つの節(属内グループ)に分けられます。

・ジョウロウホトトギス節 (黄色の釣り鐘型の花)
ジョウロウホトトギスキイジョウロウホトトギス、サガミジョウロウホトトギス

・キバナノホトトギス節 (黄色の上向きに咲く花)
キバナノホトトギス、チャボホトトギス、タカクマホトトギス、キバナノツキヌキホトトギス

・ホトトギス節 (白色の上向きに咲く花)
ホトトギスタイワンホトトギス

・ヤマホトトギス節 (白か黄色の上向きに咲く花)
ヤマホトトギスヤマジノホトトギス、セトウチホトトギス、タマガワホトトギス

ホトトギス

キイジョウロウホトトギス(花の構造)

キイジョウロウホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【紀伊上臈杜鵑草】 (Tricyrtis macranthopsis) キイジョウロウホトトギス 本ページへ >> 庭に咲いたキイジョウロウホトトギスの花弁の欠け...
野山の草花

キイジョウロウホトトギス

キイジョウロウホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【紀伊上臈杜鵑草】 (Tricyrtis macranthopsis) ホトトギス属の中の一群のグループ、ジョウロウホトギス節のものは、深山渓谷の岩場に垂れ下がるように生え、ホ...
2019.10.16
街での草花

ヒロハノタイワンホトトギス

ヒロハノタイワンホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【広葉台湾杜鵑草】 (学名:Tricyrtis 'Amethystina') 「タイワンホトトギス」の園芸品種ですが、「広葉」といっても、いわゆるタイワンホトトギスと変わりは無い...
野山の草花

ジョウロウホトトギス?

ジョウロウホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【上臈杜鵑草】 (学名:Tricyrtis macrantha Maxim) ホトトギス属の中でも、普通のホトトギス類と別グループのジョウロウホトトギス節はみな日本固有種で、黄色の釣り...
2016.10.22
野山の草花

シロホトトギス

シロホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【白杜鵑草】 (学名:Tricyrtis hirta f. albescens) (シロバナホトトギス) 「ホトトギス」の白花品種で、天然自生のものもあるようですが、かなり稀なようで、ほと...
2017.11.21
9月

チャボホトトギス

チャボホトトギス (ユリ科)【矮鶏杜鵑草】 (Tricyrtis nana) 「キバナノホトトギス」の近縁の小型種で、矮性であることから「チャボ」の名。 宮崎県にしかないキバナノホトトギスよりは分布域が広く、東海地方から紀伊半...
2016.09.04
野山の草花

キバナノツキヌキホトトギス

キバナノツキヌキホトトギス(ユリ科) (Tricyrtis perfoliata) 深大寺の調布市野草園に、山野草の鉢植えがいくつか並べてありました。 その中に黄色い花の吊り下がりのホトトギスが。 「タマガワホトトギス」...
2019.10.30
野山の草花

ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【山路の杜鵑草】 (Tricyrtis affinis) カラー配置の点と造形の点で、一番整って綺麗なホトトギス類と個人的には思っている種類。 花びらは白色ベースで水平に開き、...
2016.09.22
野山の草花

ホトトギス

ホトトギス (ユリ科ホトトギス属) (Tricyrtis hirta) ホトトギス属を代表する、標準名の「ホトトギス」で、鳥の「ホトトギス」の斑点柄に似ているというところからの命名だそうです。 普通は白地の花びらにも花...
2019.09.30
野山の草花

タマガワホトトギス

タマガワホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【玉川杜鵑草】 (Tricyrtis latifolia Maxim. ) 黄花のホトトギスで、普通のホトトギスより早い時期に咲きます。 また、ホトトギスの中ではわりあい北方系で冷涼な山中...
2018.08.16
野山の草花

ヤマホトトギス

ヤマホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【山杜鵑草】 (Tricyrtis macropoda Miq.) 「ヤマジノホトトギス」とそっくりですが、花弁が下に反り返るのが特徴です。 そのせいもあってか、花全体が細長い感じがし...
2018.09.15
野山の草花

タイワンホトトギス

タイワンホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【台湾杜鵑草】 (Tricyrtis formosana) 台湾原産で、これはもちろん、園芸用に植えられたものです。 日本国内でも西表島などには自生するそうです。 独特の青紫を帯びた色合...
2016.11.16