キンポウゲ科

野山の草花

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ (キンポウゲ科)【山苧環】 (学名:Aquilegia buergeriana ) 嫋やかな独特の存在感で、山の林下の草原やヤブ脇に咲いています。 園芸品のオダマキよりも渋い雰囲気で、いかにも和花という感じがします。...
2018.06.29
野山の草花

ケキツネノボタン

ケキツネノボタン (キンポウゲ科キンポウゲ属)【毛狐の牡丹】 (Ranunculus cantoniensis) 田んぼまわりでよく見かける典型的な雑草ですね。 キンポウゲ科らしい光沢ある黄色い花と、コンペイトウのような実...
2018.06.06
野山の草花

アズマイチゲ

アズマイチゲ (キンポウゲ科)【東一華】 (学名:Anemone raddeana) 春を告げる「スプリング・エフェメラル」のなかでも、もっとも華やかなひとつです。 「一華」の名のとおり、一本の茎にひとつだけの大輪の華をつける...
2018.03.29
野山の草花

フクジュソウ

フクジュソウ (キンポウゲ科フクジュソウ属)【福寿草】 (学名:Adonis ramosa) いわゆる、「スプリング・エフェメラル」の代表で、雪解けと同時に初春一番で咲くので「元日草」の名も。 一面の枯野原...
2019.02.20
高山植物

シナノキンバイ

シナノキンバイ (キンポウゲ科)【信濃金梅】 (Trollius japonicus) これも高山植物の代表のような花ですね。 白の「ハクサンイチゲ」に対して黄色の永遠のライバルという感じです。 同じような黄色い花で、同じよ...
2017.08.01
高山植物

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)【白山一華】 (学名:Anemone narcissiflora) アルプスなどの高山植物の中でも一番多く目につく代表選手でしょう。 「高山植物」の群生といえば、「ハクサンイチ...
2018.07.21
高山植物

ミツバオウレン

ミツバオウレン (キンポウゲ科オウレン属)【三葉黄蓮】 (学名:Coptis trifolia) 亜高山の湿った林下や湿気のある高山草地に咲く北方系の植物で、白い花が目立ちます。 薄い白い花びらは花弁ではなく萼片だそうです。 ...
2018.07.21
高山植物

モミジカラマツ

モミジカラマツ (キンポウゲ科)【紅葉唐松】 (Trautvetteria caroliniensis var. japonica) カラマツソウの仲間は、花だけ見ると皆同じようで区別がつきませんが、これは名前のとおり、モミジ型の葉...
2018.07.23
山岳の草花

アズマレイジンソウ

アズマレイジンソウ (キンポウゲ科)【東伶人草】 (Aconitum pterocaule) トリカブトの一種ですが、色合いのせいか、何だか存在感の薄い感じ。 薄暗い林の中に浮かび上がる花は、個人的には何かちょっと薄気味の悪い...
2018.02.25
高山植物

ホソバトリカブト

ホソバトリカブト (キンポウゲ科トリカブト属)【細葉鳥兜】 (Aconitum senanense subsp. senanense var. senanense) ホソバトリカブトは高山性のトリカブトで、南アルプスと八...
2019.11.14
野山の草花

ミヤマカラマツ

ミヤマカラマツ (キンポウゲ科)【深山落葉松】 Thalictrum filamentosum var. tenurum カラマツソウの仲間は何種類もあって、花の部分だけ見てもまず区別ができません。 写真を取る場合には必ず葉の部分...
2016.07.03
野山の草花

スハマソウ

スハマソウ (キンポウゲ科)【洲浜草】 (Hepatica nobilis var. japonica forma variegata) いわゆる「雪割草」の一種ですが、本当の「ユキワリソウ」は、サクラソウ科の高山植物で、これとは全...
2018.03.07
野山の草花

ユキワリイチゲ

ユキワリイチゲ (キンポウゲ科)【雪割一華】 (Anemone keiskeana) これも、キンポウゲ科の「スプリング・エフェメラル」です。 「キクザキイチゲ」とは逆に、近畿以西にしか自生しないそうです。 ほかの「イチゲ」...
2016.07.03
野山の草花

キクザキイチゲ

キクザキイチゲ (キンポウゲ科)【菊咲一華】 (学名:Anemone pseudoaltaica) イチリンソウ属の一連の「イチゲ」の仲間で、別名キクザキイチリンソウ。 近畿以北の分布で、いわゆる「スプリング・エフェメラル...
2019.03.16
6月

キバナノヤマオダマキ

キバナノヤマオダマキ(キンポウゲ科)【黄花の山苧環】 (Aquilegia buergeriana Sieb. et Zucc. f. flavescens Makino) この花はいつ見ても気品があります。 ヤマオダマキの距...
2016.07.31
野山の草花

セリバヒエンソウ

セリバヒエンソウ (キンポウゲ科)【芹葉飛燕草】 (Delphinium anthriscifolium) 小さな丈で繊細な葉と淡い紫で、いかにも日本の山野草という清楚な感じですが、外来種。 明治時代に中国から渡来の帰化植物で...
2017.05.06
野山の草花

エンコウソウ

エンコウソウ(キンポウゲ科)【猿喉草】 (Caltha palustris var. enkoso) 「リュウキンカ」の変種で花茎が長く伸びるのが特徴。 近畿あたりから東の本州と、北海道にかけて分布しますが、各地で絶滅危惧種と...
2019.03.21
野山の草花

ニリンソウ

ニリンソウ (キンポウゲ科イチリンソウ属) 【二輪草】 (学名:Anemone flaccida) 「スプリングエフェメラル」として春の野山の代表みたいな花ですね。 二輪づつ花がつくから二輪草ですが、実際にはひ...
2019.04.06
6月

シラネアオイ

シラネアオイ (APG:キンポウゲ科)(シラネアオイ科)【白根葵】 (学名:Glaucidium palmatum Siebold et Zucc.) 亜高山の花の中でも、もっとも華やかなもののひとつでしょう。 花の大きさといいい...
2018.06.06
高山植物

ミヤマキンポウゲ

ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科) (深山金鳳花、学名:Ranunculus acris var. nipponicus) 雪渓や湿原、沢のわきなどに多い高山植物。 丸みと光沢のある花と細い葉が特徴です。 普通の「キンポウゲ(...
2018.07.22
野山の草花

ヒキノカサ

ヒキノカサ(キンポウゲ科キンポウゲ属)【蛙の傘】 (Ranunculus ternatus) 国指定特別天然記念物のサクラソウ自生地の原にところどころ「サクラソウ」の群落が点在している中に、「ヒキノカサ」というキンポウゲが生えていま...
2018.03.08
野山の草花

ウマノアシガタ(キンポウゲ)

ウマノアシガタ(キンポウゲ)(キンポウゲ科) (Ranunculus japonicus) 長い間、「キンポウゲ」という花がキンポウゲ類のスタンダードで、「ウマノアシガタ」はその脇役の一種かと思っていたら、実はほぼ反対で、「ウマノア...
2017.05.07
野山の草花

ヒメウズ

ヒメウズ (キンポウゲ科)【姫烏頭】 (Semiaquilegia adoxoides) オダマキに似た形の白い花をつけるが、ものすごく小さいので判りにくい。 むしろ、キンポウゲ科らしい特徴的な葉のほうが見つけやすいかもし...
2019.03.19
野山の草花

セツブンソウ

セツブンソウ  (キンポウゲ科セツブンソウ属)【節分草】 (Shibateranthis pinnatifida) 埼玉県小鹿野町(旧両神村)のセツブンソウ園に行ってきました。 ここは、もともと自生している地域...
2019.02.21
野山の草花

サラシナショウマ

サラシナショウマ (キンポウゲ科サラシナショウマ属)【更科升麻】 (Cimicifuga simplex) 真っ白い巨大なネコジャラシ。 ちょっと人工的な感じさえする純白で、つぼみの状態では、「ヨウシュヤマゴボ...
2019.09.21
野山の草花

レンゲショウマ

レンゲショウマ(キンポウゲ科) (蓮華升麻、学名:Anemonopsis macrophylla) 奥多摩・御岳山の「名物」。 まさに今、「レンゲショウマまつり」開催中で、お盆休みの最中にて、多くの人が写真を撮りにきていました...
2018.08.05