キンポウゲ科

野山の草花

ツクバトリカブト

ツクバトリカブト (キンポウゲ科トリカブト属)【筑波鳥兜】 (Aconitum japonicum subsp. maritimum) 東北地方南部~関東地方のほぼ全域と中部地方の高原に分布するトリカブト。 筑波山で最...
山岳の草花

シキンカラマツ

シキンカラマツ (キンポウゲ科カラマツソウ属)【紫錦唐松】 (Thalictrum rochebruneanum) 群馬、長野、福島などの山地で沢沿いや湿った草原などに生育する花です。 カラマツソウ属の仲間でももっとも...

サンリンソウ

サンリンソウ (キンポウゲ科イチリンソウ属)【三輪草】 (Anemone stolonifera) 一見すると「ニリンソウ」そっくりで、遠目に見過ごしてしまえばそれまでですが、実は別種の植物。 一本の茎から3輪の花が咲...
2019.07.05
野山の草花

オキナグサ

オキナグサ (キンポウゲ科オキナグサ属)【翁草】 (Pulsatilla cernua) 本州以南の日当たりのよい丘や草原に咲く暗赤紫色の花。 うつむき加減に咲き始める風情と色がちょっとクロユリを思わせるところもありま...
野山の草花

フタマタイチゲ

フタマタイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)【二股一華】 (Anemone dichotoma) 「ヤブレガサ」などのようにも見える葉は放射状に見えますが、実は3深裂した葉が2枚合わさっているそうです。 その葉の柄が...

ヒエンソウ

ヒエンソウ (キンポウゲ科オオヒエンソウ属)【飛燕草】 (Delphinium ajacis) 南ヨーロッパ原産で園芸種として移入された花で、明治時代初期から知られていたが一般に普及したのは戦後だそうです。 飛燕草の名...
野山の草花

コボタンヅル

コボタンヅル (キンポウゲ科センニンソウ属)【小牡丹蔓】 (Clematis apiifolia var. biternata) 「ボタンヅル」の変種で、葉が2回3出複葉であることが異なります。 (ボタンヅルは1回3出複葉...
2018.09.22

ツクシカラマツ

ツクシカラマツ (キンポウゲ科カラマツソウ属)【筑紫唐松】 (Thalictrum kiusianum) 草丈が10cmに満たないようなミニチュアサイズのカラマツソウで、古くからの園芸種。 細かい花糸が薄ピンクや薄紫を帯び...
2018.08.12
野山の草花

タガラシ

タガラシ (キンポウゲ科キンポウゲ属)【田辛子】【田枯らし】 (学名:Ranunculus sceleratus) 日本全土の水田や溝などに生える、いわゆる「水田雑草」です。 「辛子」という名ですがアブラナ科の仲間...
野山の草花

トウゴクサバノオ

トウゴクサバノオ (キンポウゲ科シロカネソウ属)【東国鯖ノ尾】 (Dichocarpum trachyspermum) 別名:オオヤマシロカネソウ 沢沿いの林下の登山道わきにひっそりと咲く小さな草です。 たいへん可...
2019.03.10
野山の草花

ミスミソウ

ミスミソウ (キンポウゲ科ミスミソウ属)【三角草】 (Hepatica nobilis var. japonica) 俗称:ユキワリソウ 早春に葉が開くよりも早く開花し、積雪地では雪解けと同時ごろに花が咲くので雪割草と呼...
2019.02.21
野山の草花

オオバショウマ

オオバショウマ (キンポウゲ科サラシナショウマ属)【大葉升麻】 (学名:Cimicifuga japonica ) 同属の「サラシナショウマ」や「イヌショウマ」に似たブラシ状の花をつける仲間です。 個々の花に柄がない点...
野山の草花

ヤマキツネノボタン

ヤマキツネノボタン (キンポウゲ科キンポウゲ属)【山狐の牡丹】 (Ranunculus silerifolius var. silerifolius) 「キツネノボタン」の変種ということで、ほとんど同じですが、花期が遅く...
2019.08.11
野山の草花

ボタンヅル

ボタンヅル (キンポウゲ科センニンソウ属)【牡丹蔓】 (学名:Clematis apiifolia ) 低山や里山の、日当たりのよいところで他の木にからまって生えます。 同属の「センニンソウ」とよく似ていますが、花の雄しべ...
2019.09.03

ヒロバヒメイチゲ

ヒロバヒメイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)【広葉姫一華】 (学名: Anemone soyensis) 別名:エゾイチゲ 北海道特産で「ヒメイチゲ」によく似るが、葉が幅広で3出複葉。 花弁にあたる萼片は変動はあり...
2018.08.09
高山植物

エゾノハクサンイチゲ

エゾノハクサンイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)【蝦夷白山一花】 (学名:Anemone narcissiflora var. sachalinensis) 内地のハクサンイチゲと同様ですが、全体に大柄な感じです。 ハ...
2017.08.02
高山植物

ダイセツトリカブト

ダイセツトリカブト (キンポウゲ科)【大雪鳥兜】 (学名: Aconitum yamazakii) 大雪山特産種で、葉が深く切れ込んで細く尖り、「ホソバトリカブト」とよく似ています。 花の紫色がとても濃く、ちょっと黒っぽい...
高山植物

ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキ (キンポウゲ科オダマキ属)【深山苧環】 (学名:Aquilegia flabellata var. pumila) 「ヤマオダマキ」の高山型で、鮮やかな紫色になり、園芸用のオダマキの原種です。 幾つかの県で...
高山植物

チシマノキンバイソウ

チシマノキンバイソウ (キンポウゲ科キンバイソウ属)【千島の金梅草】 (学名:Trollius riederianus) 別名:キタキンバイソウ 高山植物でおなじみの「シナノキンバイ」と同属の北海道版です。 とはいえ、北...
2017.08.01
高山植物

エゾレイジンソウ

エゾレイジンソウ (キンポウゲ科トリカブト属)【蝦夷伶人草】 (学名:Aconitum gigas) 別名:エゾノレイジンソウ 北海道の亜高山帯~高山帯に生えるトリカブトの仲間です。 普通の「レイジンソウ」がうす紫なのに対し、...
2018.03.24

クレマチス

クレマチス(カザグルマ) (キンポウゲ科センニンソウ属)【風車】 (学名:Clematis patens C.Morren) 「クレマチス」は正しくはこれらの属名で、園芸のクレマチスの多くは「カザグルマ」や「テッセン」をベースに...
野山の草花

ハンショウヅル

ハンショウヅル (キンポウゲ科センニンソウ属)【半鐘蔓】 (学名: Clematis japonica) 「半鐘」の名の通り、春から初夏に釣鐘型の花をつける木性のツル植物です。 学名に日本のクレマチスとあるように、...
2019.05.07
野山の草花

イチリンソウ

イチリンソウ (キンポウゲ科イチリンソウ属)【一輪草】 (学名:Anemone nikoensis) 「ニリンソウ」によく似た「スプリングエフェメラル」で、ニリンソウの姉貴分という感じの大柄な風格があります。 花は...
2019.04.06
野山の草花

セリバオウレン

セリバオウレン (キンポウゲ科オウレン属)【芹葉黄連】 (学名:Coptis japonica var.dissecta) オウレンの中でも、葉の切れ込みの細かさが「キクバオウレン」と「コセリバオウレン」の中間で、まさにセリの葉のよ...
2019.03.13
野山の草花

コセリバオウレン

コセリバオウレン (キンポウゲ科)【小芹葉黄連】 (Coptis japonica var. japonica) 「セリバオウレン」そっくりですが、3回3出複葉と、さらに葉が細かく分岐します。 ただし、セリバオウレンとの違いが...
2018.04.19
野山の草花

キクバオウレン

キクバオウレン (キンポウゲ科)【菊葉黄蓮】 (Coptis japonica var. anemonifolia) 漢方薬に使われる「オウレン」ですが、葉の形と植物体の大きさで、「キクバオウレン」、「セリバオウレン」、「コセリ...
2017.02.28
野山の草花

ミチノクフクジュソウ

ミチノクフクジュソウ (キンポウゲ科) (Adonis multiflola) 従来、日本のフクジュソウは、種としては1種類と考えられていました。 ところが近年、研究が進み分類が見直された結果、日本のフクジュソウは4種から...
2019.03.18
野山の草花

フクジュソウ(秩父紅)

フクジュソウ(秩父紅) (キンポウゲ科)【福寿草・秩父紅】 (学名:Adonis ramosa) 「秩父紅」は、「フクジュソウ」の一品種で、一般のフクジュソウの黄色よりも濃い赤茶を帯びたオレンジ色のもので、秩父地方特産の幻の福寿...
山岳の草花

ハコネトリカブト

ハコネトリカブト (キンポウゲ科 トリカブト属)【箱根鳥兜】 (学名:Aconitum japonicum var. hakonense) 箱根の山岳に生える、「ヤマトリカブト」の変種で、小型で茎が直立し葉の切れ込みが深い種類で...
2016.11.05
野山の草花

ヤマトリカブト

ヤマトリカブト (キンポウゲ科 トリカブト属)【山鳥兜 】 (Aconitum japonicum subsp. japonicum) もっとも有名な毒草で全草有毒、特に根は即効性の猛毒です。 昔から「附子」と呼ばれ、有名な狂...
2018.03.21
野山の草花

イヌショウマ

イヌショウマ (キンポウゲ科)【犬升麻】 (学名:Cimicifuga biternata ) 同属の「サラシナショウマ」同様、上部で分岐しない長い穂状の花を付けますが、サラシナショウマのようにきれいに一斉に開花せず、赤みを帯び...
2017.01.13
野山の草花

センニンソウ

センニンソウ (キンポウゲ科センニンソウ属)【仙人草】 (学名 Clematis terniflora) 密生する純白の4弁の萼片と蕊がとても美しいつる植物です。 センニンソウ属は「クレマチス」のことで、あのカザグルマが同属で...
2019.09.06
野山の草花

アキカラマツ

アキカラマツ (キンポウゲ科カラマツソウ属)【秋落葉松】 (学名 Thalictrum minus var. hypoleucum) (別名:高遠草) 低地から山地まで広く分布します。 「カラマツソウ」よりも黄色...
2019.08.28
野山の草花

カラマツソウ

カラマツソウ (キンポウゲ科)【落葉松草】 (学名:Thalictrum aquilegiifolium var. intermedium) 花弁が無く蕊だけの独特な花は、とても繊細な美しさがあります。 カラマツソ...
2019.07.01
高山植物

ヒメカラマツ

ヒメカラマツ (キンポウゲ科)【姫落葉松】 (Thalictrum alpinum var. stipitatum) ちょっと「ジロボウエンゴサク」を思わせるような葉の草に、何やら赤紫っぽい蕾がたくさん付いています。 ごく一部...

キバナセツブンソウ

キバナセツブンソウ (キンポウゲ科)【黄花節分草】 (Eranthis hyemalis) 節分草といっても、南ヨーロッパから導入された園芸種です。 鮮やかな黄色で、ちょっとクロッカスのような感じです。 また、色合いはキ...
2019.03.18

ヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカ (キンポウゲ科)【姫立金花】 (Ranunculus ficaria) 「リュウキンカ」といっても、早春の尾瀬に咲くリュウキンカとは違い、これは英国原産の園芸品。 日本のリュウキンカは水辺や湿原に生えますが、...
2019.04.02
野山の草花

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ (キンポウゲ科)【山苧環】 (学名:Aquilegia buergeriana ) 嫋やかな独特の存在感で、山の林下の草原やヤブ脇に咲いています。 園芸品のオダマキよりも渋い雰囲気で、いかにも和花という感じがします。...
2018.06.29
野山の草花

ケキツネノボタン

ケキツネノボタン (キンポウゲ科キンポウゲ属)【毛狐の牡丹】 (Ranunculus cantoniensis) 田んぼまわりでよく見かける典型的な雑草ですね。 キンポウゲ科らしい光沢ある黄色い花と、コンペイトウのような実...
2018.06.06
野山の草花

アズマイチゲ

アズマイチゲ (キンポウゲ科)【東一華】 (学名:Anemone raddeana) 春を告げる「スプリング・エフェメラル」のなかでも、もっとも華やかなひとつです。 「一華」の名のとおり、一本の茎にひとつだけの大輪の華をつける...
2018.03.29