分類別

野山の草花

オタカラコウ

オタカラコウ (キク科メタカラコウ属)【雄宝香】 (Ligularia fischeri) 湿地的なところに生える、よく目立つキク科らしい花ですが、葉だけみるとフキの類かと思う形です。 実際、「ツワブキ」はわりあい...
2018.09.01
野山の草花

ジャコウソウ

ジャコウソウ (シソ科ジャコウソウ属)【麝香草】 (Chelonopsis moschata ) 夏から秋への季節は、シソ科が大活躍ですね。 この花は、よくあるシソ科の花弁の形になっていなくて、むしろ筒型の花です。 けっこう背の...
2018.05.08
野山の草花

アキギリ

アキギリ(シソ科アキギリ属) (Salvia glabrescens) 日本産のサルビアです。 今まであまり見たことがありませんでした。 今回、糸魚川のエコツアーで標高700mくらいの森のなかに沢山咲いていましたが、どう...
2018.11.02
6月

ワルナスビ

ワルナスビ(ナス科) (学名:Solanum carolinense) 九段下から神保町の間に、多分何らかの行政上の穴となっている部分と思われる、荒れ放題の植栽部分があり、いわゆる雑草が山のようになりつつある場所があります。 時々...
2016.07.13
野山の草花

イノモトソウ

イノモトソウ (シダ植物門イノモトソウ科) ( Pteris multifida ) イノモトソウは羊歯の仲間ですが、いかにもシダといった細かい複雑な羽状複葉の葉ではなく、シンプルなひょろひょろ一枚葉の組み合わせになっています。...
2016.10.02
野山の草花

カバイロツルタケ

カバイロツルタケ (テングタケ科)(樺色鶴茸) (学名Amanita fulva) きれいに整った姿の、いかにもキノコ型のキノコです。 色も姿も無難で、いかにも食べられそうに見える通り、熱を通せば食用になるとのことです。 同科内...
2016.07.04
野山の草花

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ(ヒカゲノカズラ科 学名:Lycopodium clavatum) ヒノキの森の中で、一瞬、杉の枝が落ちているのかと思ったら、「ヒカゲノカズラ」だった。 緑のモールのような太ひものような植物で、巨大な苔のようでもあるが...
2016.07.30
8月

タケトアゼナ

タケトアゼナ (APG:アゼナ科アゼナ属)(ゴマノハグサ科) (Lindernia dubia subsp. dubia) アメリカアゼナ(ゴマノハグサ科→アゼナ科) と思ったが、どうも葉の形や付きかた、花柄の長さなどから、近...
2018.03.03
野山の草花

キンミズヒキ

キンミズヒキ(バラ科 学名:Agrimonia pilosa) 「ミズヒキ」の名前がついていますが、ミズヒキはタデ科なので全然別の植物です。 オカトラノオなどによく似た花ですが、それらとも科が違います。 林のへりなどに、わりあ...
2018.08.06
野山の草花

コバギボウシ

コバギボウシ (APG:キジカクシ科ギボウシ属)(ユリ科)【小葉擬宝珠】 (Hosta sieboldii var. sieboldii f. spathulata) ギボウシ類には園芸品種がいろいろありますが、日本の山野草とし...
2018.03.03
野山の草花

ウツボグサ

ウツボグサ(シソ科)【靫草】 (学名:Prunella vulgaris L. subsp. asiatica) 幅広い環境に分布しますが、やはり高所では紫色が鮮やかになるようです。 綺麗な唇弁花は、咲き終わると落ち、常にまば...
2017.08.06
高山植物

オンタデ

オンタデ (タデ科オンタデ属)【御蓼】 (Aconogonon weyrichii var. alpinum) イタドリの仲間の高山植物で、他の植物の生えない不毛な砂礫地に群落をつくります。 保水力もない地面に生えるため、根は地中...
2019.07.20
野山の草花

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ(フウロソウ科 学名: Geranium thunbergii) 効き目がよいので「現の証拠」と言われる胃腸薬となる有名な薬草。 フウロソウ類らしく、いかにも花らしい花で可愛いですね。 「ハクサンフウロ」などもそ...
2018.03.07
6月

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ(ミズキ科ミズキ属)【御前橘】 (学名: Cornus canadensis) ミズキ科ミズキ属ということで、ヤマボウシやハナミズキに似た系列の花です。 ミズキ同様、4枚の白い花弁に見えるのは総苞です。 「...
2018.07.21
高山植物

イワオトギリ

イワオトギリ (オトギリソウ科) (岩弟切、学名:Hypericum kamtschaticum var. hondoense) オトギリソウの高山型で、5弁の黄色い花と飛び出した雄しべ、楕円の葉が特徴的です。 近似種に「ハイオト...
2016.07.04
高山植物

ミヤマダイコンソウ

ミヤマダイコンソウ (バラ科ダイコンソウ属)【深山大根草】 (学名:Geum calthifolium var. nipponicum) 5弁の黄色い花は、高山植物でもキンポウゲ類など似た種類がけっこう色々あるが、 この花は花...
2018.07.21
高山植物

イワツメクサ

イワツメクサ (ナデシコ科 ハコベ属)【岩爪草】 (Stellaria nipponica var. nipponica) 花も葉も細身で、純白のとても清楚な高山植物です。 花びらが10弁に見えますが、本当は2つに切れ込んだ5...
2018.08.26
高山植物

イワギキョウ

イワギキョウ (キキョウ科) (岩桔梗、学名:Campanula lasiocarpa) キキョウ科の代表的な高山植物で、その名の通り岩場や砂礫地で咲きます。 近似種の「チシマギキョウ」と良く似ていますが、花弁に毛が生えていないの...
2017.08.01
野山の草花

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン (キキョウ科ツリガネニンジン属) 【釣鐘人参】 (学名: Adenophora triphylla var. japonica ) その名の通り、ベルのような花を輪生につけて、山野の愛らしい花の筆頭格とも思いますが...
2018.09.05
野山の草花

ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロ (キキョウ科) (学名、Campanula punctata Lam. var. hondoensis) 普通の「ホタルブクロ」の山地型で、ほとんど違いは無いが、萼片の間の付属片が無く、その部分が盛り上がっています...
2016.07.30
野山の草花

シュウカイドウ

シュウカイドウ (シュウカイドウ科)(秋海棠) (学名:Begonia grandis) 御岳山ケーブルカー山麓駅の駐車場近くの石垣に生えていました。 属名のとおり、「ベゴニア」の仲間で、半野生種となっています。 江戸時代初...
2016.07.15
野山の草花

レンゲショウマ

レンゲショウマ(キンポウゲ科) (蓮華升麻、学名:Anemonopsis macrophylla) 奥多摩・御岳山の「名物」。 まさに今、「レンゲショウマまつり」開催中で、お盆休みの最中にて、多くの人が写真を撮りにきていました...
2018.08.05
野山の草花

キツリフネ

キツリフネ(ツリフネソウ科)【黄釣船】 (学名: Impatiens noli-tangere) キツリフネは単にツリフネソウの黄色いやつかと思っていましたが、ツリフネソウとは別種になっているようです。 よく見ると本当に変な花です...
2018.06.29

シコンノボタン

シコンノボタン(ノボタン科) (紫紺野牡丹、学名:Tibouchina urvilleana) 会社の近所の民家で、路上鉢植えの植物がどんどん育っていましたが、とても綺麗な花が咲きました。 ひょろひょろと直線的に高さ2mくらいにま...
2016.07.04
アオイ科

ムクゲ

ムクゲ(アオイ科) (木槿 Hibiscus syriacus) 我が家の「ハイビスカス」も毎日日替わりの花をさかせています。 これは、大輪の一重の花がまばらに咲く種類です(日の丸?)。 最初は30-40cmくらいのひょろひ...
2016.09.15
野山の草花

ヒメヤブラン

ヒメヤブラン (APG:キジカクシ科ヤブラン属)(ユリ科)【姫薮蘭】 (学名:Liriope minor) 花の直径1cmもない小さな花。 鮮やかな色がなければ見落とすところ。 葉は「ジャノヒゲ」のように細く、長さは「オ...
2018.03.03
アオイ科

タチアオイ

タチアオイ (アオイ科) (立葵、学名:Althaea rosea) タチアオイというのは、その派手さからずっと西洋の園芸植物かと思っていましたが、日本に古くからあったんですね。 万葉集にも出てくるなんて知りませんでした。 ...
2016.07.04
6月

アベリア

アベリア(ハナゾノツクバネウツギ)(スイカズラ科ツクバネウツギ属) (Abelia grandiflora) 会社近くのビルの植栽の中に、ちらっと白い花らしきものが見えた。 よく見ると、ヤブウツギとかに似た形のきれいな白花がいくつ...
2019.07.16
6月

宿根ネメシア

ネメシア (ゴマノハグサ科) 駐車場のすみの自転車を置いてある舗装のすきまから、ひょろひょろと雑草が生えてきていて、だんだん伸びてきたと思っていたらきれいな花が咲きました。 早速調べてみると、南アフリカ原産の宿根ネメシアという園芸花...
2016.07.04
6月

シロバナネムノキ

シロバナネムノキ (マメ科) Calliandra portoricensis (Jacq.) Benth. シロバナネムノキは、単にネムノキの白花ではなく、雄しべがすごく細くて長くてまんまるで、不思議な花です。 花のそばにある、...
2016.07.04
6月

アカモノ(イワハゼ)

アカモノ(イワハゼ)(ツツジ科シラタマノキ属) (Gaultheria adenothrix) このまま照明器具のデザインにしたらいいと思うような、可愛い小さな花。 花のデザインが「ツガザクラ」、とも見え...
2019.07.14
6月

ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラク (ツツジ科) (裏白瓔珞、学名:Menziesia multiflora) 那須の山に登って、思ったより花が見当たらないのであてが外れていましたが、岩峰にさしかかる巻き道で、釣り鐘型の紅色の小花を多数発見。 ...
2018.06.22
6月

メタセコイア

メタセコイア(ヒノキ科) (学名:Metasequoia glyptostroboides) メタセコイアは、公園などで各地に植えられ、結構どこにでもある針葉樹です。 しかしこれは、戦前に化石として発見され、日本の学者により分類・...
2018.03.19
6月

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ (オトギリソウ科) (美容柳、学名:Hypericum monogynum) 最近、けっこうあちこちで見かける山吹色の目立つ花。 遠くからみるとヤマブキのように見える色と茂みですが、全く違います。 調べてみようと思...
2016.07.04
6月

ナツツバキ

ナツツバキ (ツバキ科)(夏椿、沙羅) (学名:Stewartia pseudocamellia) 別名:シャラノキ(娑羅樹) 庭のナツツバキが咲き始めてます。 というか、すでにいくつかの花は咲き終わって地面に落ちています。 ...
2016.07.04
野山の草花

マルバウツギ

マルバウツギ (アジサイ科ウツギ属)【丸葉空木】 (学名: Deutzia scabra) ウツギ属の落葉低木。ツクシウツギともいう。 「ウツギ」という名の仲間は、たいへん多く、違う科に属する木もが多い。 これは、奥多摩...
2018.03.03
野山の草花

ガクウツギ

ガクウツギ (APG:アジサイ科アジサイ属)(額空木) (学名:Hydrangea scandens) 純白が目立つこの花、何だか妙なガクアジサイだな、と思ってましたが、あとで調べたらガクウツギ。 そういえば葉と茎がアジサイという...
2018.03.03
6月

ベニバナノツクバネウツギ

ベニバナノツクバネウツギ (スイカズラ科ツクバネウツギ属)【紅花衝羽根空木】 (学名:Abelia spathulata var. sanguinea) これは、最初「ヤブウツギ」だと思っていましたが、花色がヤブウツギの真紅より...
2019.07.16
野山の草花

マムシグサ

マムシグサ  (サトイモ科テンナンショウ属)【蝮草】 (学名:Arisaema serratum) 名前も名前だが、現物も不気味な「マムシグサ」。 仲間の「ウラシマソウ」に比べれば不気味さの度合いは低いし、この黄緑色の「アオマ...
2019.04.28
高山植物

コマクサ

コマクサ (ケシ科コマクサ属)【駒草】 (学名:Dicentra peregrina) 「高山植物の女王」と称されるコマクサ。 繁殖地が一部高山に限られ、絶滅の危機にあるという感じで昔は幻の花のイメージが強かっ...
2018.08.26