アオイ科

野山の草花

テリハハマボウ

テリハハマボウ (アオイ科フヨウ属)【照葉浜朴】 (Hibiscus glaber) 別名:モンテンボク 小笠原諸島の固有種で、学名の通り「ハイビスカス」の仲間です。 鮮やかな黄色の花は中心が暗赤色でまるで園芸種の...
2019.08.18
野山の草花

スイフヨウ

スイフヨウ (アオイ科フヨウ属)【酔芙蓉】 (Hibiscus mutabilis cv. Versicolor) 「フヨウ」の八重咲き園芸品種で、花の色が白から赤に変化するのを、酔って赤くなることに例えた名前です。 ...
アオイ科

ゴジカ

ゴジカ (APG:アオイ科ゴジカ属)(アオギリ科)【午時花】 (学名:Pentapetes phoenicea) インドや熱帯アジア原産ということで、いかにも熱帯的な雰囲気の花です。 江戸時代に薬草として中国から来たという...
野山の草花

カラスノゴマ

カラスノゴマ (APG:アオイ科カラスノゴマ属)(旧シナノキ科)【烏の胡麻】 (学名 Corchoropsis crenata) 関東以西の分布で林縁や畑まわりなどに生える雑草ですが、秋口に黄色い花はけっこう目立ちます。 ...
2018.03.03
アオイ科

アオギリ

アオギリ (APG:アオイ科)(旧アオギリ科)【青桐、梧桐】 (学名: Firmiana simplex) 緑の樹皮が独特で、掌状の葉も特徴的です。 また、面白いのは秋に生る実で、まるで葉の縁に豆がくっついたような形で種を...
2018.06.15
アオイ科

モミジアオイ

モミジアオイ (アオイ科)【紅葉葵】 (学名:Hibiscus coccineus) 北米原産のハイビスカスの仲間ですが、フヨウやアオイと違って花弁が重ならず、細身で分離しています。 葉も細く割れてモミジ葉状になっています...

ゼニアオイ

ゼニアオイ (アオイ科ゼニアオイ属)【銭葵】 (Malva sylvestris var. mauritiana) 初夏の川沿いや空き地、住宅の庭先に鮮やかな彩りを添えます。 原産地は地中海沿岸ということで、日本へは江戸時...
2018.03.03
アオイ科

ウキツリボク

ウキツリボク (アオイ科)【浮釣木】 (Abutilon megapotamicum) 別名:チロリアンランプ、アブチロン 最近、あちこちで見るようになりましたが、最初見た時は変わったホオズキがあるなあ、と思ってました。 あると...
2016.07.03
アオイ科

アブチロン・ベライエロー

アブチロン・ベライエロー (アオイ科) Abutilon hybridum Yellow 会社の近所を歩いていたら咲いていたハイビスカス的なプランタ植えの花。 「ワタ」の花にも似ていますが、アオイ科の園芸種、アブチロン・ベ...
2016.07.23
アオイ科

ムクゲ

ムクゲ(アオイ科) (木槿 Hibiscus syriacus) 我が家の「ハイビスカス」も毎日日替わりの花をさかせています。 これは、大輪の一重の花がまばらに咲く種類です(日の丸?)。 最初は30-40cmくらいのひょろひ...
2016.09.15
アオイ科

タチアオイ

タチアオイ (アオイ科) (立葵、学名:Althaea rosea) タチアオイというのは、その派手さからずっと西洋の園芸植物かと思っていましたが、日本に古くからあったんですね。 万葉集にも出てくるなんて知りませんでした。 ...
2016.07.04