アブラナ科

野山の草花

タネツケバナ

タネツケバナ (アブラナ科タネツケバナ属)【種漬花】 (Cardamine scutata) タネツケバナの仲間はかなりいろいろありますが、これは元祖タネツケバナ。 日本全国の田んぼや水辺に生える在来種。 街では...
2019.02.28
野山の草花

コンロンソウ

コンロンソウ(アブラナ科タネツケバナ属)【崑崙草】 (Cardamine leucantha) タネツケバナの仲間は、どれもよく似ていてたいへん判りづらいものが多いのですが、このコンロンソウは大型の山地性で他に似たも...
山岳の草花

ミヤマハタザオ

ミヤマハタザオ (アブラナ科ヤマハタザオ属)【深山旗竿】 (学名:Arabis lyrata var. kamtschatica) 本州中部から北海道と一部関西の山地に分布し、低山から高山帯まで分布します。 「ヤマハタザオ...
山岳の草花

エゾノイワハタザオ

エゾノイワハタザオ (アブラナ科ハタザオ属)【蝦夷岩旗竿】 (学名:Arabis serrata var. glauca) 登山道わきに地味に咲いている花で、いかにもアブラナ科というところはすぐ判りますが、細かい種類の見分けが難...
野山の草花

ミツバコンロンソウ

ミツバコンロンソウ (アブラナ科タネツケバナ属)【三葉崑崙草】 (Cardamine anemonoides) 渓谷の水際に咲き、地味ながら存在感のある花です。 「ユリワサビ」などにも似た4弁の花は、いかにもアブラ...
2018.04.27
野山の草花

ユリワサビ

ユリワサビ (アブラナ科ワサビ属)【百合山葵】 (学名:Wasabia tenuis) その名の通り、ワサビの仲間ですが、あのように太い根にはなりません。 花もよく似ていますがまばらに咲き、ワサビと違い、葉が波状の鋸歯となりま...
2019.03.23
野山の草花

ミチタネツケバナ

ミチタネツケバナ (アブラナ科タネツケバナ属)【道種浸け花】 (Cardamine hirsuta) タネツケバナの仲間は似たものの紛らわしい種類が多いですが、これはヨーロッパから東アジア原産の帰化植物。 日本に入ってきた...
2019.02.28
野山の草花

ヤマハタザオ

ヤマハタザオ (アブラナ科)【山旗竿】 (学名 Arabis hirsuta) 道端の斜面のヤブに紛れてとても判りづらかったが、やけに細長い草が茎を伸ばしていました。 高いものでは1m近くもあり、分岐しないで真っ直ぐ直線的に伸...
2017.01.11
野山の草花

オオアラセイトウ

オオアラセイトウ (アブラナ科オオアラセイトウ属)【大紫羅欄花】 (Orychophragmus violaceus) いわゆる「ダイコンの花」としても知られ、別名の「ショカツサイ」(諸葛菜)、「ムラサキハナナ」(紫花...
2019.04.10
野山の草花

ヒロハコンロンソウ

ヒロハコンロンソウ (アブラナ科)【広葉崑崙草】 (Cardamine appendiculata) 「タネツケバナ」の仲間です。 いかにもアブラナ科の感じで、低地の湿地から亜高山の渓流まで、幅広く水辺の環境に育つようです。 ...
2018.01.13

トキワナズナ

トキワナズナ (アブラナ科) (Iberis sempervirens) 公園の植栽にて。 地中海地方原産の園芸種「イベリス」。 アブラナ科なので4弁花なのですが、それが場所によって不均等に曲がって全体がまとまった花の形にな...
2016.07.03
野山の草花

オクヤマガラシ

オクヤマガラシ(アブラナ科タネツケバナ属)【奥山芥子】 (Cardamine torrentis) クレソンなどに近い仲間で、中部地方の山地の湿った土地に生える草で、4弁の白い花をつけます。 季節的に花はもうほぼ終わりです。 ...
2018.06.10