ホソエノアザミ

ホソエノアザミ (キク科アザミ属)【細枝野薊】
(Cirsium tenuipedunculatum)

「アズマヤマアザミ」などによく似たスリムな姿のアザミです。

総苞片がオナモミのイガのように反り返り、名前の通り、花が細い柄で付いています。

葉もスリムな形で、棘が横向きに開出します。

分布は狭く、関東地方と中部の東側に限られ、いわゆる「フォッサマグナ要素」のようです。

奥多摩や丹沢には多く見られ、高尾山には少ないそうです。

2017/10 三頭山

2017/10 三頭山