オヤマボクチ

オヤマボクチ (キク科ヤマボクチ属)【雄山火口】
(Synurus pungens) 別名:ヤマゴボウ

東海地方以北と北海道に分布する、アザミに近い仲間ですが山菜の「ヤマゴボウ」として、また地方によっては葉の繊維を蕎麦のつなぎとして使われています。

花はアザミを巨大化して地味な色にしたような感じです。

「オニアザミ」や「フジアザミ」のような花の大きさですが、葉がアザミと全く違うのですぐ判ります。

ボクチという名は、葉の毛を集めて焚き火などの着火用の「火口(ホクチ)」として使われたからとのことです。

東海地方以西には近似種の「ハバヤマボクチ」「ヤマボクチ」が分布します。

2017/10 三頭山

2017/10 三頭山

2017/10 三頭山

蕾 2018/08 三頭山

2018/08 三頭山